子宮内膜組織検査とは?どんな方法で何がわかる?費用はいくら?

1. さまざまな不妊治療の検査

「妊娠を希望しているのに、なかなか授からない。」という方は、不妊検査をおすすめします。

不妊検査とは、男女それぞれが、複数の検査を受けることにより、不妊の原因を調べる検査です。

そんな不妊検査の中でも、女性側の検査項目の1つに、子宮内膜組織検査があります。

2. 子宮内膜組織検査とは?

子宮内膜組織検査とは、子宮の内膜組織を採取して、子宮内膜の発育やホルモンなどを調べる検査です。

子宮内膜組織検査の方法

子宮内膜組織検査は、診察台に仰向けになった状態で行われます。

直径3mmほどの医療器具を使用して、子宮底部の2か所から組織を採取します。

そして採取した細胞を、顕微鏡などを使用し、調べていきます。

子宮内膜組織検査の時期

子宮内膜組織検査は、排卵日から4〜5日目に行います。

高温期に子宮内膜を採取することで、受精卵を育てるためのホルモンや、栄養分の状態が分かるためです。

検査前に用意するもの

検査前に用意するものは、病院やクリニックによって、それぞれ指示が多少異なります。

基本的には、検査後に少量の出血の可能性があります。

そのため、ナプキンとショーツを持参するように指示がある場合があります。

子宮内膜組織検査の費用

子宮内膜組織検査の費用は、通院する病院やクリニックによってさまざまです。

しかし、おおまかな目安としては5000円程度が多いようです。

もちろん、他の検査などと併用して行われる場合は、他の費用も加わります。

正確な金額を知りたい方は、かかりつけの病院に問い合わせてみるとよいでしょう。

子宮内膜組織検査の所要時間

基本的には、診察台に乗って、細胞の採取をするだけですので、あまり時間はかかりません。

検査自体にかかる時間は、5〜10分程度の場合がほとんどです。

3. 子宮内膜組織検査での異常と治療

子宮内膜組織検査で分かること

子宮内膜組織検査で発見できる異常は、大きく分けて2種類です。

  • 子宮内膜の異常
  • 内分泌系の異常

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

子宮内膜の異常

子宮内膜の異常の中で、代表的なものが「子宮内膜増殖症」です。

生理終了から排卵までの間には、卵巣から女性ホルモンの1つ「卵胞ホルモン(エストロゲン)」が分泌されます。

そしてこの影響を受けて、受精卵が着床しやすいように、子宮内膜が適度に分厚くなります。

しかし、子宮内膜が過剰に反応することで、子宮内膜が過剰に増殖してしまいます。

内分泌系の異常

子宮内膜の状態は、生理周期によって、卵巣から分泌される女性ホルモンの作用が大きく影響します。

そして、正常なホルモン環境では、子宮内膜は生理周期の間に増殖・分化・剥離のサイクルを繰り返します。

しかし、ホルモンの分泌が正常ではない場合、子宮内膜増殖症や子宮体がんの原因となります。

検査で見つかった異常の治療について

子宮内膜組織検査で、子宮内膜増殖症や子宮体がんの可能性が見つかった場合は、そこから複数の検査を行う場合もあります。

これは、子宮内膜増殖症にも、いくつかのタイプが存在するためです。

そのため、異常の種類や時期などによっても、治療法は変化します。

基本的にはホルモン投与での治療や、手術での治療が行われます。

4. 子宮内膜組織検査の痛みと注意点

子宮内膜検査の痛みについて

子宮内膜検査を受けるにあたって、痛みを心配している方は多いのではないのでしょうか?

検査自体は、子宮内膜組織を採るだけですので、強い痛みを感じることはほとんどありません。

しかし、組織を少なからず傷つけてはいますので、全く何も感じないということもありません。

病院や担当医によって痛みが変わる場合も

そもそも痛みの感じ方には個人差があり、全く無痛とはいいきれません。

そのため検査を受ける時の状態や、医師の腕などによっても、痛みの度合いは変わります。

また、子宮内に異常がある場合などにも、痛みを伴うことがあります。

どうしても痛みが不安な方は

どうしても、痛みが不安だという方もいると思います。

そんな方は、事前に担当の医師に、自分が痛みに弱いことを伝えておくことが大切です。

その結果、できるだけ痛みの少ないように対策をしてくれる場合があります。

そして、余計な力をなるべく入れないように、できるだけリラックスして検査を受けましょう。

検査の危険性と検査後の状態

検査自体の危険性は、極めて低い検査です。

しかし先ほども説明した通り、子宮内膜組織を少なからず傷つける検査です。

そのため、検査後1~2日ほどは、少量の出血や鈍い痛みを感じることもあります。

検査後に注意すべきこと

検査後は、細胞膜に小さな傷がついた状態ですので、普段より雑菌が入り込みやすくなっています。

そのため検査後3~4日後まで、性交症や激しい運動、入浴などは控えた方がよいでしょう。

検査後に、無理をしてしまうと、不妊の原因を新たに作りかねません。

そのため、日常生活の中でも最低限のことだけを行い、安静に過ごしましょう。

マカ・葉酸サプリを超えたピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

不妊治療専門の病院を
探す・口コミを見る