赤ちゃんはおならをするの?おならをするときの体調や機嫌は?

1. 赤ちゃんもおならをするの?

「赤ちゃんがおならをすることはあまりない」と思われがちですが、赤ちゃんも大人と同じようにおならをします。

特ににおいを感じないおならをする時もあれば、すごく臭いおならをする時もあります。

今回は、赤ちゃんのおならが臭い時の体調や対処法などについてまとめました。

2. おならのメカニズムは?

まずはおならのメカニズムについてご紹介しましょう。

おならの正体は腸にたまったガス

おならは、腸にたまったガスが肛門から排出されるものです。

おならの成分は?

おならの成分は、口に入った食べ物や飲み物から構成されています。

しかし、それは約3割で、残りの7割は腸にある空気です。

空気といっても酸素ではなく、腸までくる窒素です。

食べ物や飲み物から構成されるおならは2種類

食べ物や飲み物から構成されるおならは、「発酵型」と「腐敗型」に分かれます。

発酵型のおなら

食物中のセルローズ、炭水化物、脂肪が腸内で発酵する時にでるガスです。

主成分は二酸化炭素、メタンです。

特に、イモや豆を食べるとでるおならで、意外と臭くありません。

腐敗型のおなら

臭いおならです。

消化不良時にタンパク質が分解する時に発生します。

臭いおならが発生することはあまり多くありません。

主成分は、インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素です。

腸内に排せつ物がたまっている場合も、おならが臭くなることがあります。

おならはなぜ出るの?

おならは、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)によって出ます。

蠕動運動とは?

蠕動運動とは、腸を始め、胃や食道などでもみられる運動です。

平滑筋、縦走筋、環状筋という3種の筋肉が、それぞれ弛緩、収縮を交互に繰り返していく運動です

これにより消化管がくびれ、食物などが押されるように先へ先へと進みます。

蠕動運動によって、食べ物が消化されていると言えます。

空気も蠕動運動で排出される

人間は、食べる時や飲む時に空気も一緒に体内に入れています。

しかし、食べ物と一緒に入る空気は、体内では必要ないものです。

このため、蠕動運動によって肛門から排出されるというわけです。

3. 赤ちゃんのおならは大人より多い?

赤ちゃんも、大人と同じようにおならをします。

おならのメカニズムは、先ほども述べた通りです。

赤ちゃんのおならの回数は、大人よりも多い場合があります。

母乳やミルクと一緒に空気も飲みこんでいる

赤ちゃんは、母乳やミルクを飲むときに空気も一緒に飲みこんでいることが多いです。

げっぷでは空気が出にくいことも

授乳のあと、げっぷをさせるケースがほとんどです。

しかし、赤ちゃんはげっぷがうまく出せないことがあります。

また、げっぷだけでは飲みこんだ空気が全て出し切れないことが多くあります。

赤ちゃんはトイレに行けない

大人と違い、赤ちゃんはトイレに行くことができません。

大人はトイレに行った時におならをすることができますが、赤ちゃんは寝たままおならをします。

このため、赤ちゃんは大人よりもおならの回数が多いのです。

自分のおならにびっくりする赤ちゃんも

げっぷとは違い、おならは赤ちゃんでも自力で出すことができます。

しかし、腸の蠕動運動はからだの反射です。

大人のように意識しておならを出すことができないため、突然出たおならに赤ちゃん自信がびっくりしてしまい、泣いてしまうこともあります。

新生児は特におならの回数が多い

新生児は、まだ母乳やミルクを飲むのが上手ではありません。

このため、空気も一緒に体内に入ることが多くなります。

また、げっぷがうまく出せないことも多いです。

新生児は、特におならの回数が多い傾向にあります。

おならは生理現象のひとつなので、おならの回数が多いからといって心配する必要はありません。

4. 赤ちゃんのおならが臭いことはあるの?

おならが臭くなるメカニズムは、先ほども述べた通りです。

母親が食べたものがおならに影響することも

母乳育児の赤ちゃんで、おならが臭いときは母親が食べたものが影響していることがあります。

母乳は食べ物の成分がダイレクトに反映される

母乳は血液からできています。

このため、母乳の成分は母親が食べたものがダイレクトに影響されるのです。

どんなものを食べると赤ちゃんのおならに影響する?

母親が消化の悪いものをたくさん食べた場合、母乳の成分も消化が悪いものになります。

消化の悪い食べ物は、基本的にタンパク質を多く含むものです。

  • 揚げ物
  • ケーキなどのスイーツ

適量であれば問題ありませんが、食べ過ぎると消化不良になり、赤ちゃんのおならが臭くなる原因になります。

赤ちゃんが便秘の場合

赤ちゃんが便秘の場合、おならが臭くなることがあります。

便秘だとおならが臭くなるのはなぜ?

便秘は、腸内に老廃物がたまっている状態です。

老廃物は徐々に酸化していき、腐敗臭を放つようになります。

蠕動運動により不要になった空気が肛門から排出されるとき、腐敗臭も一緒に排出されます。

便秘のときにおならが臭くなるのはこのためです。

赤ちゃんの便秘を解消しよう

赤ちゃんのうんちの回数が少ないと感じたときは、早めに便秘対策をするようにしましょう。

お腹のマッサージをしたり、少量の白湯を飲ませるのが効果的です。

それでも中々でない場合は、綿棒で浣腸する方法も有効でしょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る