産褥期とは?産後の正しい過ごし方・外出時期・注意点とは?

1. 産褥期ってなに?

産褥期というのは、産後6~8週間の時期のことを言います。

体が回復するまでの大切な期間

出産というのは、思っている以上に体力を消耗します。

どれだけ出産がスムーズにいっても、お母さんはたくさんのエネルギーを消耗するので、産後は体に影響が出ます。

妊娠・出産によって変化した体が、妊娠する前の状態に戻るまでには時間がかかります。

産褥期とは、体が出産前の状態に回復するまでの期間です。

この時期はとても大切な期間になります。

2. 産褥期はトラブルが出やすい時期

産褥期はホルモンバランスが乱れやすい

妊娠と出産によって大きく体が変化している産褥期は、体のトラブルが起こることが少なくありません。

出産で子どもや胎盤がお腹から出た後、ホルモンバランスは変化し、体の調子も大きく変わります。

血液やホルモンバランスの変化は、産後数日~1週間ほどで行われます。

その急激な変化に、体がついていけず、以下のようないろいろなトラブルが起こります。

子宮復古不全

子宮収縮がうまくいかず、出血が続きます。

乳腺炎

乳腺がつまって母乳の出が悪くなり、炎症が生じて痛みや発熱が起きます。

血栓性静脈炎

血流が滞って血栓ができる病気です。

血管中にできた血栓が肺や心臓につまると、重大な事態になる場合もあります。

産褥期精神病

出産を経てホルモンバランスが乱れてしまい、情緒不安定になります。

異変がある場合は必ず病院へ

いろいろなトラブルが起こりやすいので、体に違和感があれば医師に相談してください。

3. 産後どんな風に過ごすのが良いの?

産後の正しい過ごし方とは

産褥期をどのように過ごすかで、体の回復スピードが変わると言われています。

どのように過ごせば、産後の回復を早めることができるでしょうか。

できるだけ安静にする

産褥期の回復を早めるのに一番有効なのは、安静にすることです。

やらなければならないこともあると思いますが、体を動かしすぎないことが大切です。

悪露で出血が起こり、貧血になりやすい時期でもあります。

できる限り安静にすごすようにしてください。

規則正しい生活を心がける

赤ちゃんのお世話で、これまで通りの生活を行うのは難しいと思います。

しかし、眠れるときはしっかりと寝て、ごはんも栄養バランスの取れたものを食べるようにしましょう。

特に、母乳育児をしていると、赤ちゃんに栄養をたくさん取られることになります。

バランスのよい食事をしっかりと食べなければなりません。

鉄分、カルシウム、タンパク質を多く摂ると回復を早めることができます。

傷口などを清潔に

産後は体力も免疫力も落ちてしまっています。

出産のときに、会陰切開や帝王切開した傷口から細菌感染してしまう可能性があります。

感染症になると、回復も当然遅くなってしまいます。

傷口は清潔にするようにしましょう。

まわりに頼るようにする

全てのことを自分一人でやらなければならないと思うのではなく、できることはまわりに任せるようにしてください。

里帰りしないのであれば、旦那さんを頼って、里帰りする場合は家族を頼りましょう。

食事の宅配サービスなどを利用するのもおすすめです。

家事、育児ともに1人で抱え込まないで、まわりに協力してもらうようにしてくださいね

4. 産後はいつ外出できるようになる?

産後1週間は外出は控えよう

産後は免疫力も体力も落ちているので、すぐに外出するのはおすすめできません。

外出すると、風邪などにかかりやすいので、産後1週間は外出を控えるようにしましょう。

出かけるとしても、近くのスーパーに短い時間買い物に行く程度にしましょう。

しばらく家でゆっくりしてください。

1ヶ月検診のときがおすすめ

産後の外出は、産後の1ヶ月検診のときがおすすめです。

お母さんも、赤ちゃんも1ヶ月検診があるので、このときに一緒に外出するのがどちらにもおすすめです。

遠出しなければならないときは、産後1ヶ月経つまでは、できるだけ家族に任せるようにしてください。

5. 産後の過ごし方の注意点

産後の回復を早めるために、以下の注意点を知っておくようにしてください。

無理は禁物

産後は体が軽くなりますし、すぐに動きたいと思うお母さんも多いと思います。

ですが、産褥期に無理は禁物です。

体を動かしすぎると、回復を遅らせてしまうことになります。

赤ちゃんが寝ている間に、一緒に寝たりして、ゆっくりできる時は休むようにしてください。

産後のお風呂について

お風呂は体に負担がかかるので、産後すぐ~1ヶ月までは入浴は控えるようにしてください。

湯船につかってゆっくりしたいというママもいると思いますが、シャワーだけですませるようにしましょう。

最近は出産翌日からシャワーOKという病院も多いです。

しかし、病院によっては1週間後からOKということもあります。

指導に差があるため、病院の指示を聞くようにしましょう。

産後の性行為について

産後の性行為は、1ヶ月検診を終えてからにしてください。

1ヶ月検診で特に問題がないのであれば、再開しても問題ありません。

悪露が多いなど、何か問題がある場合は、完治するまで控えるようにしてください。

恥ずかしがらずに、医師に確認してみてくださいね。

6. 産褥期のすごし方で回復が変わる

焦らずにゆっくりすごそう

妊娠中思うように体が動かないので、産後は頑張ろう!と思う人も少なくありません。

つい力が入ってしまいがちですが、無理をすると体の回復が遅くなってしまいます。

産褥期の過ごし方次第で、回復のスピードが決まります。

早く回復すれば、育児も家事もしっかりと行えるようになります。

産後すぐは無理をせず、家族に協力してもらい、焦らずにいきましょう。

ゆっくりと過ごすことが、自分の体のためだけでなく、家族や赤ちゃんのためにもなります。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る