悪露が増えていく!産後2ヶ月たっても出血が続くことってあるの?

1. 悪露ははどれぐらいでなくなるの?

一般的には1ヶ月ほどで悪露はなくなる

悪露は出産後に、子宮の中にある胎盤、血液などが混じり合ったものが排出される分泌物です。

出産すると、妊娠中に大きくなった子宮は元の状態に戻ろうと収縮を始めるので、その過程で悪露が出るのです。

子宮は少しずつ収縮して、子宮内に残っているものをすべて排出します。

個人差はもちろんありますが、子宮内部が元通りになるまでだいたい1ヶ月ほどです。

1ヶ月ほどすれば悪露もなくなるといわれています。

2. 悪露が増えていく!何らかのトラブルかも

悪露が増えていくのはトラブルのサイン

悪露は出産してから日が経つごとに、少しずつ減っていくのが一般的です。

悪露の量が減るということは、子宮が回復しているということでもあるのです。

そのため、悪露の量がいつまでも減らない、悪露の量が増えるというような場合、子宮に何らかのトラブルが起きている可能性が高いです。

トラブルの多い子宮復古不全

悪露が増えていくのに多いトラブルとして多いのが、「子宮復古不全」です。

本当は排出されるはずの胎盤が邪魔をしていたりすると、子宮収縮がうまくいかなくなります。

そうなると悪露の量が増える、いつまでも出続けるといったトラブルが起こるようになるので、早めに病院に行くようにしてください。

一時的に量が増えただけなら特に問題なし

悪露の量が一時的に量が増えただけなら、特に問題がないということも少なくありません。

子宮収縮の影響で中で、溜まっていた血液などが一気に出ただけということがあります。

悪露の量が増えたけど数日で収まったという場合は、あまり気にする必要はないでしょう。

3. 産後2ヶ月以上出血が続くことはあるの?

産後2~3ヶ月悪露が続く場合は要注意

前途した通り、悪露は産後1ヶ月ぐらいでなくなるのが一般的です。

2~3ヶ月も続くという場合は何かしらトラブルが起こっていると思ったほうが良いです。

鮮血の悪露が続いているなら、子宮の回復が妨げられている子宮復古不全が起こっている可能性があります。

黄色っぽい悪露がずっと続いている場合は、出産の時にできた傷に細菌が感染してしまっているかもしれません。

どちらにしても、産後2ヶ月以上出血が続く場合はトラブルを疑ったほうが良いので、早めに産婦人科に相談するようにしてください。

帝王切開だと悪露が普通分娩より長引く傾向にあります。

帝王切開で出産した場合は、産後2ヶ月ほど悪露が出ても問題ありません。

4. 注意しなければならない症状

悪露の量や期間もそうですが、悪露と一緒に以下のような症状が出る場合は注意するようにしてください。

悪露とあわせて気にすべき3つの症状

においがきつい

悪露のにおいは産後数日はきついですが、少しずつなくなっていきます。

いつまで経ってもにおいがする、においがきつくなるという場合は、細菌感染しているかもしれません。

細菌感染を予防するためにも、陰部は常に清潔にするようにしましょう。

下腹部に痛みがある

出産すると子宮収縮の影響で、下腹部に痛みを感じることがあります。

しかし、産後1ヶ月を過ぎても痛みがあるような場合は、傷口が炎症を起こしている可能性があります。

いつまでも痛みが続く、急に激しい痛みに襲われたなどの症状があらわれていたら、早めに病院に行くようにしてください。

熱がある

産後1日~10日目までに出る熱が出ると細菌感染が疑われます。

「産褥熱」と言って悪露の排出が上手くいっていなかったり、胎盤の一部が子宮内に残っていることも考えられます。

5. 悪露に異常があるなら早めに病院へ

悪露には個人差がありますし、自己判断をすることは難しいです。

「いつまでも悪露が続く」、「においがきつい」など、何かしらの異常を感じるのであれば、1人で悩まずに医師に相談しましょう。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る