母乳とミルクで赤ちゃんのうんちは変わる?具体的な違いは?

1. 母乳とミルクでうんちが変わる?

赤ちゃんの消化器官はまだ未発達です。

食べたもの、飲んだものの違いによってうんちの状態が変わることがあります。

母乳とミルクでも栄養成分に多少の違いがあるため、うんちの量や回数、色などが変わることが多くあるのです。

今回は、母乳とミルクのうんちの違いを具体的にまとめました。

授乳中のママ必見!母乳が出なくて悩むママをサポートするサプリとは?

2. そもそも赤ちゃんの正常なうんちって?

赤ちゃんは、消化器官がまだ未発達なので、正常なうんちが大人の便と大きく違います。

3. 新生児のうんちは?

この頃の赤ちゃんの消化機能はまだ未熟なので、うんちの回数も頻繁です。

色や固さは?

通常のうんちの色は黄色です。

たまに緑色のうんちが出ることがありますが、特に心配はありません。

赤ちゃんのうんちが緑色になるのは、腸内の乳酸菌の生成が促進されることで、便が酸性になるためです。

大人の下痢のような感じのうんちですが、問題はありません。

量や回数は?

1日に2回~5回ですが、授乳の度に出ることもあります。

特に母乳を飲んでいる赤ちゃんは、うんちの回数が多い傾向にあります。

うんちの中につぶつぶがあるけど大丈夫?

この頃の赤ちゃんのうんちには、つぶつぶのものが混じっていることがあります。

これは、母乳やミルクに含まれる脂肪分が、分解しきれずに出てきたものです。

月齢が大きくなるとともに見られなくなるので、気にしなくても大丈夫です。

生後1~4か月の赤ちゃんのうんちは?

母乳やミルクが栄養なので、うんちはまだ水っぽい感じが続きます。

うんちの量や回数に個人差がでてくる時期です。

うんちの回数は?

1日にする便の回数は1~4回くらいです。

うんちの量は?

生後1か月を過ぎる頃には、胃腸も徐々に発達するため、うんちをある程度ためて排出することができるようになります。

このため1回の量が急に多くなる赤ちゃんもいます。

うんちの色や固さは?

離乳食が始まるまでの赤ちゃんのうんちは、黄色であることがほとんどです。

母乳の赤ちゃんは、まれに緑色のうんちがまだ出ることもありますが、頻繁でなければ様子をみましょう。

離乳食が始まった赤ちゃんのうんちは?

生後5、6か月になると、離乳食を始める赤ちゃんも多いでしょう。

生後9か月を過ぎる頃には、離乳食もだいぶ進んでる赤ちゃんが多くなります。

離乳食を始めると、うんちの状態が急に変化することもあります。

うんちの量や回数は?

離乳食が始まったばかりの頃は、まだ1回食で少量与える程度なので、うんちの量や回数は1~4か月の頃とそこまで変わりません。

離乳食が進むにつれて、うんちの量が増えたり回数が少なくなってきます。

うんちの色や固さは?

離乳食を始めた途端、うんちが固くなってしまい排便するときに苦しそうな場合があります。

母乳やミルクをしっかりと与え、排便を促してあげましょう。

離乳食が進むと、便秘気味になる赤ちゃんもいます。

3. 母乳とミルクのうんちの違いは何?

ミルクの成分は、だいぶ母乳に近づいていますが、母乳とミルクではうんちに違いがみられます。

母乳の赤ちゃんのうんち、特徴は何?

母乳には、腸の乳酸菌の生成を促す成分が豊富に含まれています。

回数は?

ミルクの赤ちゃんに比べるとうんちの回数が多い傾向にあります。

授乳のたびにうんちをすることもあります。

色は?

薄いカボチャのような色が多いです。

先ほども述べたように、月齢が低いうちは緑色のうんちが出ることも多いでしょう。

固さは?

ミルクの赤ちゃんに比べると、水様便であることが多いです。

下痢のようなうんちなので心配になりますが、母乳の赤ちゃんは基本的にゆるめのうんちである場合が多いでしょう。

においは?

不快感がない酸っぱいにおいがします。

乳糖が赤ちゃんの腸の中で醗酵して乳酸ができるからです。

ミルクの赤ちゃんのうんち、特徴は何?

ミルクは赤ちゃんの腸内に長くとどまることが多いため、母乳の赤ちゃんと比べるとうんちの回数や固さ、色などに違いがみられます。

回数は?

母乳よりは比較的少なめです。

ミルクは母乳より腹持ちがいい分、授乳する回数も減ってうんちの回数も少なくなります。

色は?

母乳と同じ黄色や緑色のうんちが出ることもありますが、濃い黄土色であることが多いです。

ミルクは赤ちゃんの腸内にとどまる時間が長いので、早いタイミングで褐色を帯びてくるのです。

固さは?

母乳より少し固めです。

母乳は液状になりやすいですが、ミルクの場合はオムツにべったりと粘り気があるような状態のうんちが出ます。

においは?

母乳に比べると、酸っぱい感じのにおいは少ないでしょう。

4. 混合育児の場合はどうなる?

母乳とミルクの混合育児の場合、赤ちゃんのうんちはどのような感じになるのでしょうか?

母乳とミルクの中間のようなうんちが出る

混合育児の場合、母乳とミルクのうんちの特徴を、両方とも合わせたようなうんちが出ます。

母乳よりか、ミルクよりかでも違ってくる

母乳の方が多い赤ちゃんは、母乳の特徴が多いうんちになります。

反対に、ミルクの方が多い赤ちゃんは、ミルクの特徴が多いうんちが出ます。

授乳中のママ必見!母乳が出なくて悩むママをサポートするサプリとは?

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る