陣痛がきたのに子宮口がなかなか開かない原因は?対処法は?

1. 子宮口が開くのはなぜ?

出産の準備が整った証

お産のときに赤ちゃんが通る、子宮口から膣、外陰部に続く部分を「軟産道」といいます。

軟産道は筋肉でできており、陣痛が起こって子宮収縮が始まると、プロスタグランジンE2というホルモンが分泌され、柔らかくなります。

その結果、子宮口が開き始めます。

つまり、子宮口が開くのは、出産の準備が整ったということです。

子宮口が開くときの感覚

子宮口が開き始めるとき、おしるしやお腹の張り、おりものの増加がみられることがあります。

ですが、無自覚のまま、本陣痛が始まるママも多いです。

2. 陣痛がきても子宮口が開かない原因とは?

軟産道強靭が原因

一般的には、お産が進行して十分に子宮口が柔らかくなり、開きやすくなると、プロスタグランジンF2aの分泌が始まり、徐々に陣痛が強くなっていくものです。

ですが、中には「軟産道強靭」とい、筋肉が柔らかくならず、なかなか子宮口が開かないママもいます。

軟産道強靭は体質によることが多く、加齢に伴い軟産道が硬くなる、緊張していることも、原因となります。

微弱陣痛につながることも

軟産道強靭により子宮口が開かない状態が続くと、陣痛が弱すぎる「微弱陣痛」につながり、お産が長引く可能性が高いです。

3. 子宮口を開くための対処法は?

いろいろな対処法がある

硬くなっている軟産道をほぐす方法が、いくつかあります。

身体を動かす

分娩第一期(開口期)で、身体を動かすことができるなら、産院内を歩く、身の回りを片付けるなどして、筋肉をほぐすようにしましょう。

また、階段昇降やスクワットといった、股関節を柔らかくする動きも効果的です。

腰痛があり動くのが辛いときには、あぐらをかいて座り、ストレッチをしましょう。

こうした運動は、臨月に入ったあたりから始めておくと、産道が開きやすくなります。

身体を温める

身体が冷えると、血行が悪くなります。

血行不良になることで、筋肉や身体が硬くなることは、軟産道の柔らかさにも影響します。

身体の中でも、特に足を温めると、こわばった筋肉がほぐれやすくなります。

リラックスを心がける

陣痛の痛みで落ち着きをなくし、これから迎える出産を思って緊張すると、筋肉もこわばってしまいます。

付き添ってくれる家族や助産師さんと話をするなど、心身ともにリラックスできるよう、心がけましょう。

呼吸法を試す

お産を進めるためには、リラックスすることが大事です。

リラックスするために、呼吸法を取り入れることも、選択肢の一つです。

陣痛がそれほど強くないときには、3秒かけてゆっくり鼻から吸い、3秒かけて口から吐くことを、ワルツのリズムである三拍子で行うのがおすすめです。

陣痛が強くなってきたら、2秒鼻から吸い2秒で口から吐き、さらに子宮収縮の痛みが激しくなったら、1秒吸って1秒吐くペースにします。

陣痛の段階に合わせて、使い分けてください。

ラズベリーリーフティーを飲む

ラズベリーリーフティーは、ヨーロッパでは「安産のお茶」といわれています。

陣痛を和らげ、子宮収縮をサポートする働きがあるとされています。

そのため、水分補給の際にあらかじめつくって冷やしておいた、ラズベリーリーフティーを飲むのもおすすめです。

臨月に入ってから、1日1~2杯、ラズベリーリーフティーを飲む習慣をつけておくと、お産が進みやすくなるのでおすすめです。

治療が必要なこともある

お産が進まず、ママや赤ちゃんの体力が消耗が激しいときには、医療処置を行うことがあります。

陣痛促進剤を使用する

子宮口が開かないと場合、陣痛が上手についていないことも多いです。

そのため、陣痛促進剤を使用することがあります。

陣痛促進剤を使うと、子宮収縮の痛みが激しくなる傾向が強いので、心の準備をしておきましょう。

バルーンを使用する

なかなか子宮口が開かないときには、産道を広げるバルーンを挿入することもあります。

緊急帝王切開に切り替える

陣痛促進剤やバルーンを使っても子宮口が開かない、あるいはお腹の赤ちゃんの心拍が落ちてきた場合は、緊急帝王切開に切り替えることがあります。

赤ちゃんの命が最優先なので、お医者さまの指示に従いましょう。

近所の産婦人科病院の
口コミを見る・書く

4. 先輩ママの「子宮口が開かない体験談」

ペンペンさん(27歳)より

自宅で破水して病院に電話し、緊急入院しました。

ですが、病院では「子宮口はまだ全然開いていない」と告げられたのです。

本格的な陣痛が始まって12時間たっても、子宮口がなかなか開かず、歩くように言われましたが、嘔吐もしていたので、そんな余裕はありません。

ゆりかごのような椅子に座ったり、子宮収縮をさせるために助産師さんがおっぱいマッサージをしてくれて、数時間後にようやく子宮口が開いてきました。

子宮口は開いたものの、そこからなかなか赤ちゃんが下りてこず、陣痛が長引いたことが一番大変でした。

破水から丸一日たち、帝王切開の決断を迫られたとき、ようやく子宮口が全開大に。

最後は、自然分娩で出産できました。

引用元:陣痛から12時間たっても開かず