ケトチフェン(サジテン)の効果と子どもに使う時の注意点

1. ケトチフェン(サジテン)とは?

ケトチフェンはアレルギーをおさえる抗ヒスタミン薬の一つです。

アレルギーを発症する原因は、ヒスタミンと呼ばれる、体内物質です。

ケトチフェンは、ヒスタミンの受容体をブロックして、働きをおさえることで、アレルギー症状を緩和します。

花粉症によるアレルギー性鼻炎、じんましん、気管支喘息に処方されます。

ただし、アレルギーそのものを治すことはできません。

2. ケトチフェンが配合されている薬

ケトチフェンというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

ドライシロップ

  • サジテンドライシロップ
  • ケトチフェンドライシロップ「タイヨー」

シロップ

  • サジテンシロップ
  • スプデルシロップ小児用

カプセル

  • サジテンカプセル
  • ケトチフェンカプセル

錠剤

  • フマル酸ケトチフェン錠

点眼薬

  • サジテン点眼液
  • 点眼液UD

点鼻薬

  • サジテン点鼻液
  • ケトチフェン点鼻液「TOA」

3. 子どもに対する安全性

内服薬、点眼薬は、小児に対する安全性が確立されています。

点鼻薬は、乳幼児に対する安全性未確立です。

てんかんを発症したことがある人には使用できません。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

副作用として比較的多いのは、眠気、頭痛、だるさ、口の渇き、けいれんです。

長い期間服用するときは、肝機能検査を定期的に受けてください。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

抗ヒスタミン薬の中でも、開発がやや古い第2世代です。

第2世代の特徴は、第1世代よりも副作用が軽減されていますが、脳に直接作用するので、鎮静作用はかなり強めです。

個人差がありますが、眠くなることがあります。

しゃみ、鼻水などには速効性があり、薬の効果の持続時間も長めです。

喘息に対しては、効果が低めなので、ほかの薬の補助として処方されます。

内服期間、量は、必ず医者の指示を守ってください。

用法・用量

内服薬の場合

1日あたりの投与できる量は、体重1kgにつき0.06mgです。

体重10kgの小児なら、0.6mgです。

2回に分けて内服します。

ドライシロップとしては、6カ月以上3才未満は0.8g、3才以上7才未満は1.2g、7才以上は2.0gを1日量として、それぞれを2回に分けて内服します。

またはシロップとして、6カ月以上3才未満は4mL、3才以上7才未満は6mL、7才以上は10mLを1日量として、それぞれを2回に分けて内服します。

点眼薬の場合

1回1~2滴を1日4回です。

点鼻薬の場合

1回1噴霧を1日4回です。