陣痛が5分間隔できたらどのくらい痛い?出産までの時間は?

1. 陣痛とは?

本陣痛のこと

陣痛には、「前駆陣痛」と「本陣痛」の2種類があります。

本陣痛とは、お産が始まる際に起こる、子宮収縮の痛みのことをいいます。

陣痛の進み方

陣痛には、本陣痛が10分間隔になってから、子宮口が全開大になるまでを指す「分娩第一期(開口期)」、子宮口が全開大になり娩出するまでをいう「分娩第二期(娩出期)」があります。

分娩第一期

分娩第一期は、分娩期のほとんどを占める期間です。

初産婦は10~12時間、経産婦で4~6時間程度です。

そして分娩第一期は、さらに準備期・進行期・極期の3段階に分かれます。

分娩第二期

子宮口が8~9cmまで開いた、子宮口が全開大になる前のことです。

痛みが強くなり、いきみたくなりますが、ここでいきむとかえって子宮口が開きにくくなり、場合によっては会陰を裂傷してしまいます。

いきみ逃がしをして、我慢するときです。

時間をはかろう

陣痛が規則正しくなってきたと感じたら、陣痛間隔と痛みが続く時間をメモしましょう。

そして、初産婦は陣痛間隔が10分になったら、経産婦は15分になったら、病院に連絡を入れてください。

陣痛のカウント方法

本陣痛の間隔をはかるときには、痛みのピークから次の痛みのピークがくるまでの時間をチェックします。

近年は、陣痛アプリなどが充実しているので、上手に活用して、陣痛の間隔をはかりましょう。

2. 5分間隔の陣痛とは?

分娩第一期の進行期

陣痛が5分間隔になるのは、分娩第一期の進行期です。

子宮収縮の痛みが、徐々に強くなり、次から次に押し寄せるように感じるときです。

ですが、まだ陣痛と陣痛の間に痛みが引く間があるので、休んだり、水分補給をすることはできます。

3. 陣痛が5分間隔って、どんな状態?

赤ちゃんが下降を始める

陣痛が5分間隔になるころには、子宮口が4~7cm開き、陣痛の持続時間が30~45秒になっています。

そして、赤ちゃんが少しずつ、子宮口に向けて下降を始めます。

4. 陣痛が5分間隔になってから娩出までの時間は?

初産婦と経産婦では異なる

陣痛が5分間隔は、まだ分娩第一期・進行期で、子宮口は全開していません。

本陣痛が始まってから娩出までにかかる時間は、初産婦で12~15時間、中には20時間以上かかるママもいます。

経産婦は産道が開きやすいので、その半分程度の時間で娩出することが多いです。

5. 陣痛が5分間隔になっときの痛みは?

陣痛間欠がある

陣痛が5分間隔のときに感じる子宮収縮の痛みは、まだ身体が動かせる程度です。

陣痛と陣痛の間に「陣痛間欠」があり、この時間は歩くことも、食事を摂ることもできます。

とはいえ、徐々に痛みが強くなっていくので、四つん這いやあぐらをかくなど、ママが楽な姿勢で痛みを逃がすとよいでしょう。

陣痛促進剤を使った場合

微弱陣痛などが理由で、陣痛促進剤を使うことがあります。

陣痛は通常、ママとお腹の赤ちゃんの出産準備が整ってから起こります。

ですが、陣痛促進剤を使うときには、身体の準備が整っていないことがあり、急に子宮収縮が進むので、痛みを強く感じることがあります。

6. 陣痛が5分間隔になったときの過ごし方は?

出産に備えて準備しよう

陣痛が5分間隔になる段階では、まだママ自身がいろいろなことができます。

分娩第一期・極期から分娩第二期を迎えて出産するまで、まだ時間がかかります。

娩出のための体力を残すためにも、水分や影響を補給しておく、休めるときに休むなど、お産に向けた準備をしておきましょう。

陣痛間欠のときには、リラックスして過ごすのが一番です。

好きな音楽を聞いたり、アロマを楽しむなど、自分なりのリラックス方法を実践してください。

近所の産婦人科病院の
口コミを見る・書く

7. 先輩ママの「陣痛が5分間隔の体験談」

男の子のママ・やっ子さん(29歳)より

私は妊娠中お腹が張りやすく、妊娠32週ころには、張り止めの薬を飲んでいました。

お腹が張るときには少し痛みがあり、正産期にはたびたび前駆陣痛がありました。

39週2日目の朝におしるしがあり、そろそろ本陣痛がくるかもしれないと身構えており、前駆陣痛との違いを見極めるために、ひたすら痛みの間隔を計測。

午前中から子宮収縮の痛みを感じ、15分間隔でくることもあれば、8分になったり、10分になったりとバラバラで、前駆陣痛だと思っていました。

夜にはかなり痛みが強くなり、横になってじっと耐えなければいけなほどに。

それでも本陣痛ではないと思っていましたが、深夜1時に我慢できないほど痛むようになり、痛みの間隔も直近で6分間隔になっていました。

すぐに病院に行きましたが、すでに子宮口は7cm開いていました。

陣痛がきちんと10分間隔になるのを待っていたことが、間違いだったようです。

本陣痛だと気づけて、良かったです。

引用元:本陣痛だと気づいたころには5分間隔