ぺミロラスト(アレギサール)の効果と子どもに使う時の注意点

1. ペミロラスト(アレギサール)とは?

ペミロラストはアレルギーをおさえる抗アレルギー薬の一つです。

アレルギーを発症する原因は、ヒスタミンやロイコトリエンなどの体内物質です。

ペミロラストは、このような原因物質をおさえる効果があります。

ただし、アレルギーそのものを治すことはできません。

アトピー型喘息や、比較的症状の軽い喘息に処方されますが、単独処方では効果が弱いため、ほかのぜんそく薬と一緒に使うことがあります。

ペミロラストは、同じようなアレルギー症状に処方されることが多い、抗ヒスタミン薬にみられる眠気や口の渇きなどの副作用が比較的少ない薬です。

2. ペミロラストが配合されている薬

トラニラストというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

ドライシロップ

  • アレギサールドライシロップ
  • ペミラストンドライシロップ
  • タツモールドライシロップ

錠剤

  • アレギサール錠
  • ペミラストン錠
  • タツモール錠

点眼薬

  • アレギサール点眼液
  • ペミラストン点眼液
  • アラジオフ点眼液
  • ペミリドン点眼液

3. 子どもに対する安全性

内服薬は、小児に対する安全性が確立されています。

点眼薬は、乳児に対する安全性未確立です。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

副作用として、まれに吐き気、発疹、かゆみがあります。

長い期間服用するときは、肝機能検査を定期的に受けてください。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

喘息に対しては、発作をおさえる効果はありませんので、予防薬として内服します。

速効性はありませんが、毎日規則正しく飲むことで、喘息に対して良い効果が出ます。

花粉症に対しては、花粉が飛ぶ1~2週間前から内服を始めると、花粉症に対する予防効果が高まります。

内服期間、量は、必ず医者の指示を守ってください。

個人差がありますが、眠くなることがあります。

用法・用量

内服薬の場合

1日あたりの投与できる量は、体重1kgにつき0.4mgです。

体重10kgの小児なら、4mgです。

2回に分けて内服します。

またはドライシロップとして1日量は、1才以上5才未満は1.0g、5才以上11才未満は2.0g、11才以上は4.0gを各2回に分けて内服します。

点眼薬の場合

1回1~2滴を、1日4回点眼します。