トラニラスト(リザベン)の効果と子どもに使う時の注意点

1. トラニラスト(リザベン)とは?

トラニラストはアレルギーをおさえる抗アレルギー薬の一つです。

アレルギー反応は、ヒスタミンやロイコトリエンなど、さまざまな物質が原因となります。

トラニラストは、このような原因物質をおさえる効果があります。

ただし、アレルギーそのものを治すことはできません。

アトピー性皮膚炎のかゆみ軽減や、気管支喘息、アレルギー性鼻炎に処方されることがあります。

点眼薬は、結膜炎の治療に使用されます。

傷口をきれいに治す効果があるので、やけどや手術あとに処方することもあります。

2. トラニラストが配合されている薬

トラニラストというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

ドライシロップ

  • リザベンドライシロップ
  • トラニラストDS「CH」

細剤

  • リザベン細粒
  • ブレクルス細粒

カプセル

  • リザベンカプセル
  • トラニラストカプセル「CH」

点眼薬

  • リザベン点眼薬
  • トラニラスト点眼液「TS」

3. 子どもに対する安全性

内服薬は、小児に対する安全性が確立されています。

点眼薬は、乳児に対する安全性未確立です。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

副作用として、膀胱炎、頻尿、排尿痛が出ることがあります。

副作用が出たときは、病院を受診してください。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

喘息に対しては、発作をおさえる効果はありませんので、予防薬として内服します。

速効性はありませんが、毎日規則正しく飲むことで、喘息に対して効果が出ます。

花粉症に対しては、花粉が飛ぶ前から内服を始めると、花粉症に対する予防効果が高まります。

内服期間、量など、必ず医者の指示を守ってください。

個人差がありますが、眠くなることがあります。

用法・用量

内服薬の場合

1日あたりの投与できる量は、体重1kgにつき5mgです。

体重10kgの小児なら、50mgです。

3回に分けて内服します。

点眼薬の場合

1回1~2滴を、1日4回点眼します。