妊娠初期のお腹の張りは危険?違和感があるときはどうする?

1. 妊娠初期のお腹の張りが心配

妊娠初期は、まだお腹が大きくないためそこまで張りを感じることはありません。

しかし、子宮がどんどん大きくなるため、それを張りとして感じることがあります。

また、張りではなく「何となく子宮に違和感がある」と感じることもあります。

妊娠初期にお腹が張ったり違和感があると、「流産の兆候なのでは?」と不安になるものです。

そこで今回は、妊娠初期のお腹の張りや違和感についてまとめました。

2. 妊娠初期のお腹の張りの症状は?

お腹の張りの感じ方は、人それぞれです。

中には、お腹が張っている感覚じたい分からない人もいます。

妊娠初期のお腹の張りの症状

  • お腹がパンパンになっているような感じ
  • お腹の中で炭酸が膨らんでいる感じ
  • 下腹部が重い、鈍痛がする
  • 便秘が1週間くらい続いているような感じ
  • お腹が引っ張られている感じ
  • 子宮の辺りがキューっとなる感じ

どの症状も、お腹が張っている状態と言えます。

特に多いのは「お腹が引っ張られている感じ」という症状です。

妊娠中期・後期のお腹の張りは?

妊娠中期や後期も、お腹の張りを感じることがあります。

特に後期は、出産に向けて子宮が収縮する時期なので、頻繁にお腹が張ります。

  • 子宮がキューっとかたくなる
  • ふだんはフニャフニャなのに、バレーボールのようなかたさになる
  • 風船がふくらんだ感じがする
  • 動くとお腹がカチカチになる
  • お腹がピキーンと張っている

後期は、動くとお腹が張りやすくなります。

また、安定期と呼ばれる妊娠中期でも、動きすぎるとお腹が張ることがあります。

少し休んでおさまるようであれば、心配はありません。

生理的なものと考えてよいでしょう。

妊婦ママに必要な栄養素に絞って格安に!!オーガニックレモンの葉酸サプリとは?

3. 妊娠初期にお腹が張る原因は?

妊娠初期は、まだお腹が大きくないため、お腹の張りを感じることは少ないでしょう。

妊娠後期のお腹の張りは子宮の収縮が原因です。

一方、妊娠初期のお腹の張りは、急激にお腹が大きくなるために感じる違和感が原因であるケースがほとんどです。

子宮が大きくなるため

妊娠初期は、子宮が急激に大きくなります。

子宮は筋肉でできており、収縮をくり返しながら大きくなっていきます。

これを「お腹が張っている」と感じる人もいます。

妊娠初期は月経痛のような痛みもある

妊娠初期は、下腹部や腰痛など月経痛のような痛みもあります。

「流産の兆候なのでは?」と不安になるかも知れませんが、ほとんどが子宮が大きくなることが原因で感じられる痛みです。

出血がなく、痛みがそれほどひどくない、胎児の心拍が確認できればあまり心配する必要はないでしょう。

子宮を支える靭帯が引っ張られる

子宮は、靭帯で支えられています。

子宮が大きくなるにつれて靭帯も引っ張られるため、それが「お腹の張り」として感じられることもあります。

便秘の可能性も

妊娠初期は、ホルモンの分泌量が急激に変化する時期です。

これにより、便秘になってしまい、お腹が張る原因になることがあります。

プロゲステロンが多く分泌される

妊娠初期は、プロゲステロンというホルモンが大量に分泌されるようになります。

プロゲステロンは、子宮内膜を維持したり、子宮の収縮を抑制するはたらきがあります。

また、胎盤の形成を手伝ったり、乳腺を発達させたりする大切なホルモンです。

受精卵が着床しなかった場合、プロゲステロンは急激に減少していきます。

しかし、妊娠した場合は、プロゲステロンの分泌量は急激に増えるのです。

プロゲステロンは腸のはたらきを抑制する

プロゲステロンが分泌されると、子宮の収縮を弱めます。

子宮と腸は、同じ「平滑筋」という筋肉からできているため、腸のはたらきまで弱まってしまいます。

これにより、便秘や下痢の症状がでやすくなるのです。

便秘になるとお腹が張る

便秘になると、腸の中にガスや便がたまった状態になります。

お腹がカチカチに張ったり、お腹がぽっこりでてくるといった症状がみられるのです。

この状態を、妊娠初期のお腹の張りと感じることもあります。

4. お腹の張っていて危険な状態とは?

妊娠初期に感じるお腹の張りは、生理的なものがほとんどなので心配する必要はありません。

しかし、中には心配な張りもあります。

子宮のみがキューっと張る感じは注意

妊娠初期のお腹の張りは、引っ張られている感じが多いものです。

しかし、子宮のみ、特に恥骨のすぐ上辺りがキューっと張っている感じがある場合は注意が必要です。

子宮のみがキュッとなる場合は?

この場合、子宮が収縮している可能性があります。

先ほども述べたように、子宮の収縮は妊娠初期でも起こります。

しかし、次のような症状がある場合は病院を受診したほうが安心です。

  • 耐えられない痛みを感じる場合
  • 少量でも出血がある場合

このような症状がある場合、切迫流産の可能性がありあす。

切迫流産とは?

切迫流産とは、出血や下腹部痛、腰痛など流産の兆候があるものの、胎児が体内にふみとどまっている状態です。

基本的には、安静に過ごして様子をみます。

1時間に何回も張りを感じる場合

通常、お腹の張りは、後期でも1時間に何回も張りを感じることはあまりありません。

妊娠初期に1時間に何回も張りを感じる場合は、切迫流産の可能性もあります。

ただし、便が何日も出ていない場合は便秘によるお腹の張りであることも考えられます。

5. お腹の張りを感じたらどうすればいいの?

妊娠初期にお腹の張りを感じた場合、どのように対応すればよいのか説明しましょう。

まずは安静に

お腹の張りを感じた場合、まずはできる限り横になって安静を保ちましょう。

横になるのが難しいのであれば、座るだけでもOKです。

しばらくして張りがおさまるようであれば、心配のないことがほとんどなので、様子をみてもいいでしょう。

10~15分たっても張りがおさまらないときは

通常、お腹の張りは安静にしていれば10分くらいでおさまるものです。

しかし、10~15分以上たっても張りがおさまらないようであれば、一度かかりつけの産婦人科を受診したほうが安心です。

また、少量でも出血がみられたり、激しい痛みがある場合も病院を受診しましょう。

病院を受診する際、まずは電話をして症状を伝えます。

「いつから張っているか」「出血や痛みの有無」「便は出ているか」など、落ち着いて症状を説明しましょう。

妊婦ママに必要な栄養素に絞って格安に!!オーガニックレモンの葉酸サプリとは?

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る