プレドニゾロン(プレドニン)の効果と子どもに使う時の注意点

1. プレドニゾロン(プレドニン)とは?

プレドニゾロンは、ステロイド薬の一つです。

炎症やアレルギーをおさえる効果があります。

重い喘息、アトピー、めまい、耳鳴り、関節リウマチなどにも処方されます。

川崎病の急性期に使用することがあります。

ステロイドは、副腎(両方の腎臓の上にある器官)から分泌される、副腎皮質ホルモンの1つです。

ステロイドホルモンを使用すると、体の免疫力をおさえたり、体の中のあらゆる炎症をおさえたりする作用があります。

多くの病気に対して、処方されますが、副作用も多いので、使用するときは注意が必要です。

2. プレドニゾロンが配合されている薬

プレドニゾロンというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

散剤

  • プレドニゾロン散

錠剤

  • プレドニン錠
  • プレドニゾロン錠「タケダ」

点眼薬

  • PSゾロン点眼液
  • プレドニン眼軟膏

外用薬

  • プレドニゾロンクリーム

3. 子どもに対する安全性

内服薬は、子どもに対する安全性が確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

薬の飲み初めに多いのは、不眠、吐き気、消化不良、下痢、イライラ、食欲が増えるです。

気をつけたいのは、長期服用によって起こる脂肪の異常沈着です。

顔が丸くなったり、肩や腹部が太る症状です。

長期服用でも、少量なら問題ありませんが、量が多いときは、症状としてかなり多くみられます。

脂肪の異常沈着は、薬の量が減ると自然と回復します。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

医者の指示通りに、回数や量を守って内服してください。

薬を処方以上に飲むと、不整脈などの副作用が出やすくなります。

発作予防のために使用するときは、長い期間の服用になるので、定期的に血液検査を受け、異常がないか調べることが大切です。

医者の指示なく、勝手に使用をやめたり、内服量を変えることはしないでください。

発作がおさまらない、発作を繰り返すときは、すみやかに病院を受診してください。

用法

必ず、医者の指示の通りに使用してください。

用量

1日あたりの投与できる量は、体重1kgにつき1~2mgです。

体重10kgの子どもであれば、10~20mgです。

1日2回に分けて内服します。