妊娠検査薬の結果は陰性から数日後に陽性に変わる?妊娠の可能性は?

1. 妊娠検査薬とは?

妊娠検査薬とは、尿で妊娠の有無を検査する薬のことです。

病院に行かずに、自宅などで手軽に妊娠の有無が調べられます。

妊娠検査薬の判定の見方

妊娠検査薬は、以下の判定結果が、あらわれます。

  • 妊娠の可能性が高い陽性
  • 妊娠の可能性が低い陰性

このように、どちらか2つの判定結果がでるようになっています。

妊娠検査薬のしくみ

妊娠検査薬の仕組みは、とてもシンプルです。

人は妊娠すると、お腹の中の赤ちゃんを育てる機能が働きだします。

その機能の1つに、hCGというホルモンの分泌があります。

2. 妊娠によって分泌されるhCGとは?

hCGは、着床をしてから胎盤の中でつくられ始めます。

そして、生理予定日の頃から尿の中に出始めます。

妊娠検査薬は、尿の中に出始めたhCGに反応することで妊娠の有無を調べます。

妊娠検査薬が反応するhCGの分泌量

しかし、妊娠検査薬にもhCGに反応する規定量というものが存在します。

基本的に、日本製の妊娠検査薬は、尿中のhCGが50mlU/ml以上で反応するようにできています。

そして、尿中のhCGが50mlU/mlに達するのは、およそ生理予定日から1週間後です。

一般的な妊娠検査薬の検査期間が生理予定日の1週間後となっているのは、このためです。

少量のhCGにも反応する早期妊娠検査薬

しかし、中には早期妊娠検査薬という少量のhCGに反応するものも存在します。

ちなみに、海外製の検査薬には、25mlU/ml以上で反応するものも多くあります。

そのため、生理予定日数日前〜当日でも判定が可能です。

3. 妊娠検査薬の正確性

妊娠検査薬が当たる確率は?

妊娠の有無が当たる確率として、一般的な妊娠検査薬には99%と表記のあるものが多いです。

99%といえば、ほぼ外れることはないということですよね。

しかし、中には外れてしまう場合もあります。

妊娠検査薬で正確に判断できない場合

99%という高い正確性のある妊娠検査薬ですが、中には下記のような理由で正確に判定できない場合があります。

  • 説明書に沿った手順で検査をしていない
  • 製品が指定している期間に検査していない

説明書に沿った手順で検査していない

一般の妊娠検査薬は、薬局などに行くとさまざまな製品が販売されています。

基本的な使用方法はどれもほぼ同じですが、製品ごとに、少しずつ使用方法が違う場合があります。

よって、説明書通りに検査が行われなかった場合、正確な判定結果が出ない場合があります。

尿はかけるのか、浸すのか、どのくらいの時間を置けば良いのかなど、検査の前にしっかりと説明書を確認することが大切です。

製品が指定している期間に検査していない

一般的な妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使用可能なものが多いです。

しかし、それぞれの妊娠検査薬ごとに指定されている期間が違う場合があります。

検査薬に反応する尿中のhCGの量が、検査薬の規定量を下回ったり大きく上回ったりすると、正確な判定結果が出ない場合があります。

検査薬を使用する前には、いつから使用可能なのかをしっかりと確認しましょう。

4. 妊娠検査薬の判定結果は変わることがある?

説明書通りの検査を行って陰性反応が出たのに、後日改めて検査をしたら陽性反応がでたという話もよく耳にします。

しっかりと検査をおこなっているはずなのに、なぜこのような結果がでてしまうのでしょうか?

検査薬の判定が数日後に変わる可能性

陰性から陽性へ数日間の間に判定結果が変わった場合、以下の可能性があげられます。

  • 生理不順、または生理予定日の誤認
  • 採尿する前の水分の大量摂取
  • 尿がにごったり、血液が混じったりしている

生理不順または生理予定日の誤認

生理不順の方などは、特に次の生理予定日を予測するのが難しいです。

また、たまたま生理予定日がその月だけ大幅にずれていて、生理予定日を誤認している場合もあります。

この場合、hCGが規定量に達しておらず、数日後に再検査をした段階でようやく規定量に達したため、判定が変化した可能性があります。

採尿する前の水分の大量摂取

尿を採取する前に大量の水分を摂ると、尿中のhCGが薄まってしまい、検査薬が反応しないという可能性もあります。

よって、後日改めて検査をすると、今度は尿が薄まっていないために陽性反応がでる場合があります。

尿がにごったり、血液が混じったりしている

尿が何らかの理由で、にごってしまったり、血液が混じって不純物が多くなってしまった場合も、判定結果の正確性が下がります。

不正出血などの場合、妊娠検査薬が出血後すぐに使用できないのはこのためです。

この場合も、後日改めて検査をし直すと判定結果が変わる場合があります。

陽性反応が出たら速やかに病院へ

陰性から陽性に判定が変わった場合、妊娠の可能性が高いです。

しかし、例え陽性反応が出たとしても、病院でしっかり検診してもらわない限りは正常に妊娠しているのか判断はできません。

妊娠の可能性がある場合には、生理開始予定日の1週間後を目安に病院の診療を受けることをおすすめします。

5. まとめ

妊娠検査薬が、陰性から陽性に変わる大きな原因として、妊娠中に分泌されるhCGが大きく関係していることが分かりました。

検査薬の規定量を、尿中のhCGが超えるか超えないかで、判定結果は変わります。

よって、例え1回目の検査が陰性反応でも、2回目で陽性反応が出れば妊娠の可能性があるといえます。

妊娠検査薬の説明書をよく読み、使用方法を必ず守って正確な検査結果をだせるようにしましょう。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る