サルブタモール(ベネトリン)の効果と子どもに使う時の注意点

1. サルブタモール(ベネトリン)とは?

サルブタモールは、気管支拡張剤の一つです。

気管支を広げる効果があるので、気管支喘息、小児喘息、急性・慢性気管支炎、肺結核などの症状緩和のために、処方される薬です。

喘息の予防や、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などを治療するために使用します。

発作が起こった時の治療方法として、吸入することもあります。

2. サルブタモールが配合されている薬

サルブタモールというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

液剤

  • ベネトリン吸入液

吸入用エアゾール剤

  • サルタノールインヘラー
  • アイロミールエアゾール

シロップ

  • ベネトリンシロップ

錠剤

  • ベネトリン錠
  • サルブタモール錠

3. 子どもに対する安全性

小児に対する安全性が確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

薬を使用した副作用として多いのは、動悸、手の震えです。

吸入後に多く見られますが、吸入したらうがいをすることで、症状の予防や軽減ができます。

気をつけたいのは、低カリウム血症によって起こる、だるさ、便秘、判断力低下などの症状です。

このような症状が出たときは、早めに病院を受診してください。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

吸入薬の場合

医者から正しい吸入方法を聞き、きちんとした手順で吸入することが大切です。

内服薬の場合

発作予防に使用するときは、長い期間内服することで、発作を予防します。

発作が出ないからと、医者の指示なく、勝手に使用をやめたり、量を変えることはしないでください。

用法

液剤の場合は、決められた量を吸入器にセットします。

噴霧式の吸入器の場合は、決められた回数を吸入します。

必ず、医者の指示の通りに使用してください。

用量

吸入薬の場合

吸入液の場合は、1回につき0.1~0.3mlです。

噴霧式吸入器の場合は、1回につき1吸入です。

内服薬の場合

1日あたりの投与できる量は、体重1kgにつき0.3mgです。

体重10kgの子どもであれば、3mgです。

3回に分けて内服します。

医者の処方した量と回数を必ず守りましょう。