イソプレナリン(アスプール)の効果と子どもに使う時の注意点

1. イソプレナリン(アスプール)とは?

イソプレナリンは、気管支拡張薬の一つです。

気管支を広げる効果があるので、気管支喘息、小児喘息、急性・慢性気管支炎、肺気腫などに処方される薬です。

喘息そのものを治すのではなく、発作を予防するために使用します。

2. イソプレナリンが配合されている薬

イソプレナリンというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

液剤

  • アスプール液

3. 子どもに対する安全性

小児に対して使用する場合は、医者の説明を良く聞き、保護者の監督下で使用することで、安全とされています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

薬を使用して、副作用として多いのは、動悸、手の震えです。

気をつけたいのは、低カリウム血症によって起こる、頭痛、眠れない、だるさ、冷や汗、顔面蒼白、めまい、ふらつき、体のほてり、興奮、などの症状です。

このような症状が出たときは、早めに病院を受診してください。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

小児への処方については、医者が必要と判断したときに、症状や年齢を考慮しながら処方されます。

その際、医者は副作用についてきちんと説明し、副作用ができたら、すぐに相談するか中断するよう指示をします。

そのため、医者の話をいつも以上にきちんと聞いて、指示をしっかり守ることが大切です。

喘息の予防のために使用しますので、長期的な使用となります。

医者の指示なく、勝手に使用をやめたり、量を変えることはしないでください。

発作が続くと、どうしても使用回数が多くなります。

1日の吸入回数などを越えないように、注意が必要です。

用法

決められた量を注射器で吸出し、吸入器にセットします。

自然呼吸で数分~10分ほど、吸入を行います。

必ず、医者の指示の通りに使用してください。

用量

小児についての用量記載はありません。

医者の処方した量と回数を必ず守りましょう。