プロカテロール(メプチン)の効果と子どもに使う時の注意点

1. プロカテロール(メプチン)とは?

プロカテロールは、気管支拡張薬の一つです。

気管支を広げる効果があるので、喘息、気管支炎など、気道が狭くなる症状の時に処方されます。

喘息そのものを治すのではなく、発作を予防するために内服します。

喘鳴、息切れ、呼吸困難、気管支けいれんなどの治療にも使われます。

プロカテロールには、経口と吸入薬があります。

2. プロカテロールが配合されている薬

プロカテロールというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

シロップ

  • メプチンシロップ
  • プロカテロール塩酸塩シロップ

ドライシロップ

  • メプチンドライシロップ

顆粒

  • メプチン顆粒

錠剤

  • メプチン錠
  • プロカテロール塩酸塩錠

吸入液

  • メプチン吸入液

吸入器

  • メプチンエアー
  • メプチンキッドエアー
  • メプチンスイングヘラー

3. 子どもに対する安全性

小児に対する安全性は確立されていますが、新生児に対する安全性は未確立です。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

内服をして、副作用として多いのは、動悸、手の震え、頭痛、眠れない、だるさ、冷や汗、顔面蒼白、めまい、ふらつき、体のほてり、興奮、神経過敏などです。

このような症状が出るときは、薬の量が多いことがありますので、早めに病院を受診してください。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

医者の指示通りに、正しく内服、もしくは使用してください。

発作を予防するために使用するので、長い期間使用する薬です。

症状が安定した場合は、医者の管理のもとで、薬を減らしたり、やめることができます。

用法

発作喘息の場合は、発作の起こりやすい時間に合わせて内服します。

薬剤によって、使用回数、内服量が異なります。

医者の指示の通りに使用してください。

用量

内服薬の場合

1日あたりの投与できる量は、体重1kgにつき2.5㎍です。

体重10kgの子どもであれば、25㎍です。

2~3回に分けて服用します。

吸入薬の場合

吸入液の場合は、1回0.1~0.3mlです。

吸入器の場合は、1回1~2吸入です。