流産した後に生理や排卵はいつくるの?手術後の体調と生活は?

1. 流産とは?

流産は、妊娠22週未満の時点で妊娠を継続できなくなることを指します。

胎児の心拍が止まると、ずっと子宮にとどまることができなくなります。

そのため自然に子宮口が開き、胎嚢を含む子宮内の組織が体外に排出されます。

早い段階で胎児の心拍停止が判明した場合、できるだけ早めに流産手術を行うことが多いです。

流産の種類

稽留流産

胎児の心拍が止まり、子宮内にとどまった状態です。

このまま進行流産になるのを待つこともありますが、たいていは早めに流産手術を行います。

進行流産

子宮口が開き、文字通り流産が進行している状態です。

進行流産開始後、数分以内に不全流産・完全流産のどちらかが起こります。

不全流産

進行流産の後、子宮内容物の一部のみが排出された状態です。

感染症などを防ぐため、残った内容物は流産手術で取り除きます。

完全流産

進行流産の後、子宮内容物がすべて排出された状態です。

不全流産と違い、原則として流産手術は必要ありません。

切迫流産

胎児の心拍は確認できるが、子宮口が開きかかっている状態です。

医師の指示にしたがって早めに対処すれば、約半数はそのまま妊娠を継続できます。

化学流産

受精成立後着床が続かず、妊娠確定前に着床が終了することです。

妊娠検査薬で陽性反応が出てから生理が来た場合、化学流産の可能性が高いです。

化学流産といっても妊娠・流産とはみなされず、その後の妊娠率などには影響しません。

2. 流産手術の内容と流れ

稽留流産や不全流産の場合、日帰りもしくは1泊入院で流産手術を行います。

流産手術のおおまかな流れ

子宮口を開く

ラミナリア(水分を含んで膨張する海藻由来の器具)や薬品を使って、子宮口を十分に開きます。

この処置には時間がかかるので、たいていは手術日の前日に行います。

すでに子宮口が開いている不全流産の場合、この処置を行わないか軽い処置だけで済ませます。

子宮の内容物を取り除く

掻爬器具やバキュームを使って、子宮の内容物をきれいに取り除きます。

手術そのものは、たいてい10~15分で済みます。

多くの場合、手術中は全身麻酔・部分麻酔を使用します。

完全流産の場合は?

内診やエコー検査で異常がなければ、特に処置を行わないことが多いです。

ただし、感染症を防ぐための抗生物質などが処方されることもあります。

3. 流産手術後の体調変化

出血・腹痛

手術後は子宮が収縮して回復に向かいますが、その過程で生理のような出血・腹痛が起こります。

また、子宮収縮剤の作用で痛みが起こることもあります。

いずれも1週間ほどでおさまるので、それほど心配はいりません。

つわりが続く

妊娠中に分泌されていたホルモンは、手術後時間をかけて減っていきます。

そのため、しばらくつわりが続くことがあります。

流産後のつわりは心身ともに辛いものですが、こちらも数日~1週間ほどでしだいにおさまります。

頭痛・下痢などの症状

ホルモンバランスの変化にともなって、頭痛・下痢などの不調が起こることもあります。

4. 流産手術後の生活で注意すべきこと

決して無理をせず、しっかり休養する

流産後1週間ほどで、経過観察のために再度受診します。

それまでは仕事・家事を極力控え、自宅でゆっくり休養しましょう。

流産後に無理をすると、卵管癒着などのトラブルが起こりやすくなります。

入浴はいつから?

手術後すぐに入浴すると、子宮に雑菌が侵入するおそれがあります。

医師の許可がおりるまでは、短時間のシャワーにとどめましょう。

仕事再開はいつから?

手術後1週間ほど休むのが望ましいですが、3日ほどで仕事再開する人も多いようです。

ただし、くれぐれも無理のない範囲にとどめましょう。

流産のことは、直属の上司や一緒に仕事している人だけにそっと報告しましょう。

そうすれば休むことについて理解されやすくなり、復帰後もなにかと配慮してもらえるでしょう。

精神的ショックが大きいときは無理をしない

流産は、体だけでなく心にも大きなダメージを与えます。

精神的ショックを無理に押さえ込むと、うつ病などの精神的疾患につながることもあります。

気が済むまでしっかり悲しみと向き合えば、その分立ち直りも早くなります。

カウンセリングや水子供養などで、心の整理をつけるのもおすすめです。

5. 流産後に排卵・生理が起こるのはいつ?

順調に回復していれば、流産後1~3週間ほどで排卵することが多いようです。

生理は排卵の約2週間後に起こるので、流産後3~5週間ほどで起こることが多いようです。

ただし、排卵・生理はそのときの心身の状態に大きく左右されます。

精神的ショックが大きいとなかなか排卵・生理が起こらないことがありますが、焦らずに回復を待ちましょう。

基礎体温をつけるとよい

流産後のホルモンバランスは、時間をかけて妊娠前の状態に戻ります。

基礎体温をつけておけば、子宮の回復具合や異常がわかりやすくなります。

妊活再開はいつから?

早い段階で排卵・生理が復活しても、子宮が完全に回復したとは言い切れません。

子宮が回復しきらないうちに妊娠すると、また流産するリスクが上がります。

多くの場合は、生理を1~2回見送ってから妊活再開の許可がおります。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る