流産した後は妊娠しやすくなるって本当?気をつけるべきことは?

1. 流産のおもな原因と種類

流産は、妊娠22週未満の時点で妊娠が継続できなくなることを指します。

胎児の心拍が止まった後は、子宮内で長期間とどまっていることはできません。

そのため、どこかのタイミングで自然に子宮口が開いて子宮の内容物が排出されます。

早い段階で胎児の心拍停止に気付いたら、手術で子宮の内容物を取り出すことが多いです。

流産のおもな原因

流産の多くは、妊娠初期(12週未満)に起こります。

妊娠初期の流産のほとんどは、受精卵の染色体異常によって起こります。

受精卵の染色体異常は一定確率で起こるので、自分やパートナーが悪いわけではありません。

流産が起こる確率

流産は、全ての妊娠の10~15%で起こります。

ただし母体が高齢になると染色体異常が起こりやすくなり、流産の確率も上がります。

流産の種類

稽留流産

胎児の心拍が停止し、そのまま子宮内にとどまっている状態です。

自覚症状は少なく、検診時にはじめて気付くことも多いです。

稽留流産の状態をそのままにしておくと、いずれ進行流産が起こります。

母体の負担を減らすために、早い段階で流産手術を行うことが多いです。

進行流産

子宮口が開き、文字通り流産が進行しかかっている状態です。

まず軽い出血が起こってだんだん出血量が増え、同時に強い下腹部痛も起こります。

出血量が増えてくると、血液とともに子宮内の組織(レバー状のかたまり)や胎嚢(白~半透明の袋)が出てきます。

進行流産が始まると、数分以内に完全流産・不全流産のいずれかに移行します。

完全流産

流産が起こって、子宮の内容物がすべて排出された状態です。

完全流産の場合、基本的に流産手術は必要ありません。

不全流産

流産が起こって、子宮の内容物の一部だけが排出された状態です。

子宮に内容物を残すと感染症などの原因になるので、流産手術で完全に取り除きます。

切迫流産

胎児の心拍が確認できるものの、子宮口が開きかけて流産になりかかっている状態です。

安静を保つなどして早い段階で対処すれば、そのまま妊娠を継続できることも多いです。

化学流産

受精卵の着床が長続きせず、妊娠確定前に着床が終わることを指します。

化学流産後はいつも通り、もしくはいつもよりやや遅め・重めの生理が起こります。

化学流産は正式な医療用語ではなく、妊娠・流産としてカウントされません。

2. 流産後に妊娠しやすくなる理由

流産手術を行うと、子宮内の組織がきれいに取り除かれます。

流産手術のいらない完全流産でも、子宮内の組織がきれいに排出されます。

そのため子宮内が一旦リセットされ、子宮の回復とともに着床・妊娠しやすい環境が整えられます。

3. 流産後の妊活再開で注意すべきこと

あまり早い段階での妊娠は避ける

流産後子宮が回復しきらないうちは、妊娠を成立・継続させる力が十分に戻っていません。

そのため、あまり早い段階で妊娠するとまた流産するリスクが高くなります。

医師によって意見が分かれますが、たいていは生理が1~2回くれば妊活再開の許可がおります。

疾患・異常妊娠による流産の場合

子宮外妊娠や胞状奇胎などが原因で流産になった場合、慎重に経過観察しなければなりません。

医師の指示に従って妊活をストップし、きちんと通院して経過観察を行いましょう。

妊活再開時期は個人差が大きいですが、おおむね半年~1年後になります。

精神的ショックが大きいときは無理をしない

女性にとって、流産はとても辛いものです。

流産後体が順調に回復しても、精神面のダメージがなかなか癒えないことも珍しくありません。

また、「もう妊娠できないのでは」「また流産したらどうしよう」と不安になることもあるでしょう。

強いストレスを抱えたまま妊活再開すると…

焦りや不安を抱えたまま無理に妊活を再開すると、精神科疾患(うつ病など)を発症するおそれがあります。

また、ストレスでホルモンバランスが乱れて妊娠率が下がるおそれもあります。

「妊娠したい」と自然に思えるようになるまでは、妊活をお休みするほうがよいでしょう。

4. 何度も流産を繰り返す場合は…

1~2回の流産であれば、多くの場合は染色体異常による自然淘汰と考えられます。

ただし何度も流産を繰り返す場合は、何かしら異常が隠れているかもしれません。

不育症

不妊症と違って妊娠は成立するものの、出産に至らず流産・死産を繰り返すのが不育症です。

不育症のおもな原因は、以下のとおりです。

子宮に問題がある

子宮そのものに疾患(子宮内膜症・子宮筋腫など)や奇形などの問題があるケースです。

夫婦の染色体異常

夫婦どちらか(もしくは両方)に染色体異常があると、流産しやすくなります。

ただ、染色体異常があるからといって100%流産になるとは限りません。

自己免疫機能の異常

免疫機能の異常が原因で、以下のようなトラブルが起こると考えられます。

  • 胎児を異物と間違えて攻撃してしまう
  • 抗体の作用で胎盤に血栓ができ、胎児に十分な血液が送られなくなる

原因不明

夫婦双方にあきらかな異常がなく、原因がわからないケースも多いです。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る