里帰り出産しない場合に大変なこと、気をつけたほうがいいこと

1. 里帰り出産をしないという選択

出産を控えた妊婦さんにとって、里帰り出産をするかしないかは悩ましい選択です。

初めてのお産の場合、里帰り出産をする人が多い傾向にあるようです。

第二子以降の出産の場合、里帰り出産をするかしないかは半々ぐらいだといえます。

例えば筆者の場合では、第一子は出産後里帰りして一ヶ月ほど実家で過ごしました。

第二子のときも産後に実家に里帰りをし、第三子のときは上の子供たちが幼稚園に通っていたこともあり、特に里帰りはしていません。

周囲のママさんたちを見ると、やはり上の子がいて幼稚園や学校に通っている場合は、里帰りはしない家庭が多く見受けられました。

2. 里帰り出産をしないと、こんなことが大変!

里帰り出産をしない場合、自宅近くの病院で出産し、退院後は自宅での生活がすぐにスタートです。

住み慣れた環境で育児を始められるのは大きなメリットですが、以下のような点では大変だとも言えます。

  • 家事と育児をこなさなくてはいけない
  • 頼れる人が少ない
  • 社会から孤立した気分になりやすい
  • 日々のちょっとした外出も、赤ちゃん連れで行かなくてはいけない

例えば、初めての出産を里帰りせずに行うママの場合、孤独を感じやすい傾向にあります。

初めての育児に戸惑うことが多く、誰にも相談できずに自己否定が募っていってしまうのです。

また、家事と育児を平行して行わなくてはならず、体が休まらないということも挙げられます。

パートナーの留守中に日用品や赤ちゃんグッズを切らしてしまったときも、赤ちゃん連れで外出しなくてはいけません。

3. 産褥期の過ごし方に注意

産後の約2ヶ月間は「産褥期」と呼ばれ、出産で傷ついた母体を回復させる時期です。

たとえスムーズにお産が進んだ人でも、出産に時間のかからなかった人でも、体は多くのエネルギーを消費し疲弊しています。

産褥期には体を十分に休めることが大切です。

しかし、里帰り出産をしない人の場合、産後すぐから家事や育児にと体を動かしてしまうことが多くなります。

結果、産褥期に十分な静養を取れていない人が少なくありません。

体の回復がしっかりできていないと、何年もしてからそのしわ寄せが来ることもあるので注意が必要です。

産褥期の過ごし方

産褥期は基本的に横になって過ごします。

出産の際に押し広げられた骨盤が閉じるのを助け、できるだけ体に負担をかけないようにします。

原則として、家事などは産後1ヶ月ほど経ってから少しずつ始めるようにします。

締め付けないのに引き締めてやせられる!?先輩ママおすすめのトピナガードルとは?

近所の産婦人科病院の
口コミを見る・書く