クラリスロマイシン(クラリス)の効果と子どもに使う時の注意点

1. クラリスロマイシン(クラリス)とは?

クラリスロマイシンは抗菌薬の一つです。

細菌が原因の感染症や、細菌による二次感染の治療に使用されます。

いろんな細菌に効果があるので、耳鼻科、呼吸器科など広く使用されています。

ほかに、結核菌、マイコプラズマ、クラミジアなどに対して効果があります。

2. クラリスロマイシンが配合されている薬

クラリスロマイシンというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

ドライシロップ

  • クラリスドライシロップ小児用
  • クラリシッド・ドライシロップ小児用
  • クラリスロマイシンDS「サワイ」

錠剤

  • クラリス錠小児用
  • クラリシッド錠小児用
  • クラリスロマイシン錠小児用「サワイ」

3. 子どもに対する安全性

小児に対する安全性は確立していますが、新生児に対する安全性は未確立です。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

薬を服用して、最も多い副作用は吐き気、胃痛、下痢などの胃腸症状です。

他に、発疹、だるさ、動悸、息苦しさ、たちくらみ、めまい、手足のしびれなど出ることがあります。

いつもと違う症状があるときは、医者の診察を受けてください。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

症状によって、内服期間が変わりますので、処方された通りの回数、量を守ってください。

症状が落ち着いたからと、勝手に薬をやめたり、量を減らしたりすると、治りにくくなる、症状が悪化することがあります。

通常は数日服用すれば、症状はおさまります。

続けていても効果がなかったり、症状の改善がみられない場合は、薬が症状に合っていない可能性があるので、病院へ相談してください。

新生児の内服について

ほかの薬で効果が出なかったときなどに、医者が必要と判断した場合は、月齢、症状に合わせた適切な量を考慮しながら処方します。

その際、医者は副作用について説明し、副作用が出たら、すぐに相談するか中断するように指示をします。

医者の話を、いつも以上にしっかりと聞いて、指示を守ることが大切です。

用法

ドライシロップの場合は、決められた量を水で溶いてから飲みます。

そのまま飲めるときは、多めの水で飲むようにしましょう。

用量

1日あたり、体重1kgにつき10~15mgです。

体重10kgの子どもであれば、100~150mgです。

2~3回に分けて、服用します。