エリスロマイシン(エリスロシン)の効果と子どもに使う時の注意点

1. エリスロマイシン(エリスロシン)とは?

エリスロマイシンは抗菌薬の一つです。

細菌が原因の感染症や、細菌による二次感染の治療、皮膚感染症、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、肺炎、膀胱炎、尿道炎などに処方されます。

外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎などにも効果があるので、耳鼻科、呼吸器科などでも広く選択される薬です。

ほかに、百日咳、カンピロバクター腸炎、マイコプラズマ感染症、クラミジア感染症などに対して効果があります。

2. エリスロマイシンが配合されている薬

エリスロマイシンというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

ドライシロップ

  • エリスロシンドライシロップ

顆粒

  • エリスロシンW顆粒

錠剤

  • エリスロシン錠

3. 子どもに対する安全性

小児に対する安全性が確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

副作用として最も多いのは、吐き気、胃痛、下痢などの胃腸症状です。

ごくまれに、血液便、発熱、皮膚の水ぶくれ、うみ、唇や口内のただれ、皮膚や白目が黄色になるなどの症状が出ることがあります。

いつもと違う症状が出たときは、医者の診察を受けてください。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

症状によって、内服期間が変わりますので、処方された通りの回数、量を守ってください。

通常は数日服用すれば、症状はおさまります。

症状が落ち着いたからと、勝手に薬をやめたり、量を減らしたりすると、治りにくくなる、症状が悪化することがあります。

薬を続けていても、効果がなかったり、症状の改善がみられない場合は、薬が症状に合っていない可能性があるので、病院へ相談してください。

用法

内服は6時間ごとに飲むか、食後です。

服薬するときは、水をしっかり飲むようにしてください。

用量

1日あたり、体重1kgにつき25~50mgです。

体重10kgの子どもであれば、250~500mgです。

4~6回に分けて、服用します。