メキタジン(ゼスラン)の効果と子どもに使う時の注意点

1. メキタジン(ゼスラン)とは?

メキタジンはアレルギーをおさえる抗ヒスタミン薬の一つです。

アレルギー反応がはじまると、免疫細胞からヒスタミンをはじめとする、化学伝達物質が放出されます。

ヒスタミンは神経受容体と結合すると、刺激が起こり、アレルギー症状が誘発されます。

メキタジンは、ヒスタミンの受容体を遮る効果があります。

花粉症によるアレルギー性鼻炎、じんましんなどに効果があります。

ほかに、気管支喘息の発作予防に使用されます。

2. メキタジンが配合されている薬

メキタジンというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

シロップ

  • ゼスラン小児用シロップ
  • ニポラジン小児用シロップ

ドライシロップ

  • メキタジンドライシロップ

細剤

  • ゼスラン小児用細粒
  • ニポラジン小児用細粒
  • メキタジン細粒

3. 子どもに対する安全性

シロップは小児に対する安全性は確立されていますが、乳児に対する安全性は確立されていません。

錠剤は、小児に対する安全性未確立です。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

副作用として、吐き気、食欲不振、動悸、眠気、だるさ、目のかゆみ・かすみ、光線過敏症、排尿困難が出ることがあります。

副作用がひどいときは、病院を受診してください。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

花粉症に対しては、花粉が飛ぶ前から内服を始めると、予防効果が高いです。

内服期間、量は、必ず医者の指示を守ってください。

個人差がありますが、眠くなることがあります。

集中力の低下や、注意力散漫になることがあります。

用法

1~2回の内服で、効果が期待できる薬です。

用量

アレルギー性鼻炎、じんましんなどの場合

1日あたりの投与できる量は、体重1kgにつき0.12mgです。

体重20kgの小児なら、2.4mgです。

気管支喘息の場合

1日あたりの投与できる量は、体重1kgにつき0.24mgです。

体重20kgの小児なら、4.8mgです。

どちらも、2回に分けて内服します。