セフカペン(フロモックス)の効果と子どもに使う時の注意点

1. セフカペン(フロモックス)とは?

セフカペンはセフェム系抗菌薬の一つです。

セフェム系とは、抗生物質の一つ、セファロスポリンの構造をもとにして開発された、抗菌薬の総称です。

細菌が原因の症状や、細菌による二次感染症の治療に使用されます。

ほかの抗生物質では効きにくい、耐性肺炎球菌や耐性インフルエンザ菌に対して効果があります。

セフェム系の抗生物質は、ペニシリン系の抗菌薬に比べると、アレルギー症状は少ないです。

2. セフカペンが配合されている薬

セフカペンというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

細剤

  • フロモックス小児用細粒

錠剤

  • フロモックス錠

3. 子どもに対する安全性

小児に対する安全性は確率していますが、新生児に対する安全性は未確立です。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

薬を服用して、最も多い副作用は下痢です。

これはセフカペンの抗菌作用によって、腸内細菌のバランスが乱れるからです。

いつもより柔らかい便の場合は、それほど心配ありませんが、ひどい下痢や、便に血液が混ざるときは、薬の使用を中止して病院を受診してください。

他には吐き気、発疹、だるさ、食欲不振など出ることがあります。

いつもと違う症状があるときは、医者の診察を受けてください。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

処方された通りの回数、量を守ってください。

症状が落ち着いたからと、薬をやめたり、量を減らしたりしないでください。

治りにくくなったり、症状が悪化することがあります。

通常は3~4日服用すれば、症状はおさまります。続けていても効果がなかったり、症状の改善がみれられない場合は、薬が症状に合っていない可能性があるので、病院へ相談してください。

用法

必ず、食後に服用します。

用量

1日あたり、体重1kgにつき9mgです。

体重10kgの子どもであれば、90mgです。

3回に分けて、服用します。