完全流産とは?発生する時期・確率・兆候・症状・次の妊娠への影響

1. 完全流産とは

流産について

流産は、妊娠22週未満の時点で妊娠が終了してしまうことを指します。

胎児の心拍が止まってしまった後、ずっと子宮内にとどまっていることはできません。

どこかのタイミングで自然に子宮頸管が開き、子宮収縮とともに胎嚢・胎盤などの内容物が流れ出します。

流産は、その症状や段階によっていくつかの種類に分けられます。

完全流産とは?

流産が起こり、血液とともに子宮の内容物がすべて出てしまった状態が完全流産です。

完全流産の前には、必ず進行流産が起こります。

進行流産とは?

子宮頸管が開いて流産が起こりつつある状態を、進行流産と呼びます。

子宮頸管が開くと、数分以内に子宮の内容物が排出されはじめます。

いったん進行流産が起こると、必ず完全流産・不全流産のいずれかに移行します。

不全流産とは?

完全流産と違い、内容物の一部が子宮に残った状態が不全流産です。

内容物をずっと残しておくと感染症などの原因になるので、手術できれいに取り除く必要があります。

その他の流産の種類

稽留流産

心拍が止まった胎児が、子宮にとどまっている状態です。

自覚症状がないことが多く、検診で指摘されてびっくりすることもしばしばです。

稽留流産をそのままにしておくと、いずれ高い確率で進行流産が起こります。

そのまま進行流産を待つこともありますが、母体への負担を考慮して早めに手術することが多いです。

切迫流産

胎児の心拍は確認できるが、出血・腹痛などが起こって流産になりかかった状態を指します。

早い段階で処置すれば、約50%の確率で妊娠を継続できます。

化学流産

受精・着床が一度成立したものの、妊娠確定前に着床が終了することを指します。

妊娠検査薬で陽性反応が出たのに生理がきた場合、化学流産であることが多いです。

「化学流産」といっても、正式には流産ではありません。

2. 完全流産が起こる原因と確率

完全流産に限らず、流産は全妊娠の10~15%で起こります。

そして、流産の約80~90%は妊娠12週未満で起こります。

初期流産の原因の多くは染色体異常

初期流産の原因としてもっとも多いのは、受精卵の染色体異常です。

健康で若い男女の受精卵でも、一定確率で染色体異常が起こります。

染色体異常による流産は、受精が成立した段階でほぼ決まってしまいます。

もし流産してしまっても、「妊娠中に○○したから流産した」などと自分を責める必要はありません。

母体が高齢になると、染色体異常の発生率が上がる

母体の年齢が上がると、染色体異常が起こりやすくなります。

それにともない、年齢別の流産率も以下のように変化します。

  • 35歳以下…10~15%
  • 35~40歳…20%
  • 40歳以上…40%

3. 完全流産の兆候・症状

出血

子宮頸管が少しずつ開くとともに、出血が起こります。

はじめは、暗褐色・チョコレート色で少量の出血です。

時間とともに出血量が増え、鮮血になっていきます。

出血とともに、かたまりが出てくる

出血量が多くなると、子宮内膜などの組織がレバー状のかたまりとして出てきます。

また、白っぽい袋状の胎嚢が出てくることもあります。

胎嚢が出てきた場合、可能であればビニール袋などに入れてとっておくとよいでしょう。

病院で胎嚢を検査してもらうと、流産の原因がわかることがあります。

下腹部の痛み

子宮が収縮する過程で、下腹部や腰の痛みが起こります。

痛みの程度は個人差が大きく、重めの生理痛程度から陣痛に近い痛みまでさまざまです。

出血・痛みはいつまで続く?

出血・痛みが起こってから子宮の内容物が流れ出るまでにかかる時間は、個人差が大きいです。

1日以内に完全流産へ移行する人もいれば、何日もかかる人もいます。

4. 完全流産と不全流産の見分け方

完全流産の場合、内容物が出てしまうと痛み・出血が少なくなることが多いです。

不全流産では子宮頸管が開いたままになり、痛み・出血が続きます。

完全流産だと思ったら不全流産だった!?

不全流産の途中で、一時的に痛み・出血がおさまることがあります。

反対に、完全流産の後にだらだらと痛み・出血が続くこともあります。

そのため、「完全流産だと思ったら不全流産だった」というケースもあります。

完全流産か不全流産かを判別するには、内診やエコー検査が必要です。

5. 病院での処置

流産の兆候がみられたら病院に電話し、指示されたタイミングで受診しましょう。

病院ではまず内診・エコー検査を行い、必要に応じて感染症の有無や貧血の程度などを調べます。

完全流産の場合は子宮の内容物がほぼ出てしまっているので、基本的に手術は必要ありません。

内診だけで終わることも多い

子宮の内容物が完全に出ていれば、特別な処置をせず内診や消毒だけで終わることも多いです。

子宮が収縮して小さくなっていれば、出血・腹痛もしだいにおさまっていくでしょう。

薬を処方する場合

状況によっては、以下のような薬を処方することがあります。

  • 子宮収縮剤
  • 子宮収縮抑制剤
  • 止血剤
  • 抗生物質
  • 鎮痛剤

子宮収縮剤を使用すると、しばしば子宮収縮にともなって強い痛みが起こります。

痛みがひどく我慢できない場合は、病院に相談しましょう。

6. 流産後の経過と生活について

流産後腹痛や出血が続くことがありますが、たいていは1週間程度でおさまります。

それまではできるだけ安静に過ごし、体の回復を待ちましょう。

完全流産の場合は比較的回復が早いですが、最低でも2~3日は安静に過ごしましょう。

流産後に無理をすると、子宮などにトラブルが起こることがあります。

流産後もつわりが続くことがある

流産後、ホルモンバランスが妊娠前の状態に戻るのに時間がかかることがあります。

その場合、流産後もつわりの症状が続くことがあります。

流産後もつわりが続くのは、肉体的にも精神的にも辛いものです。

しかし、しばらくすると自然におさまるので心配いりません。

仕事再開はいつから?

仕事をしている人は、流産後3日~1週間ほどお休みをもらうのが望ましいです。

妊娠初期の流産の場合、まだ職場で妊娠を報告していないことも多いでしょう。

流産のことは言いづらいものですが、直属の上司や信頼できる同僚にはそっと事情を伝えておきましょう。

そうすれば休みを取りやすいですし、復帰後の仕事についても配慮してもらえるでしょう。

妊活再開はいつから?

子宮が回復すると、基礎体温やホルモンバランスもしだいに妊娠前の状態に戻ります。

たいていの病院では、流産後1~2回生理が来たら妊活再開の許可がおります。

もし2ヶ月以上生理が来ない場合は、病院を受診しましょう。

精神的ショックが大きい場合は無理をせず、妊娠したいと思えるようになるまでゆっくり待ちましょう。

あまり早いうちに妊娠するのは避けて

子宮が十分回復しないまま妊娠すると、また流産するリスクが上がります。

流産後また妊娠したいと思うのは自然なことですが、まずはしっかり子宮を回復させましょう。

7. 完全流産はその後の妊娠に影響する?

妊娠初期の流産は、多くの人が経験しています。

そして、流産後に無事妊娠・出産する人もたくさんいます。

1回流産したからといって妊娠率が下がるということはないので、安心して妊活を再開しましょう。

流産後は妊娠しやすい?

流産は悲しいものですが、流産によって子宮の中身がきれいに掃除されます。

そのため、流産後はやや妊娠率が上がることが知られています。

ただし、ある程度時間をおいて子宮を十分回復させることが大切です。

何回も流産する場合は、病院で検査を

何度も流産を繰り返す場合は、不育症や夫婦の染色体異常などの問題があるかもしれません。

原因を知れば対策しやすくなるので、できれば夫婦一緒に検査を受けましょう。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る