不全流産とは?発生する時期・確率・兆候・症状・次の妊娠への影響

1. 不全流産とは

流産とは

流産は、妊娠22週未満の時点で妊娠が継続できなくなることを指します。

心拍が止まった胎児はそれ以上成長できず、いつまでも子宮にとどまることはできません。

そのため子宮口が自然に開き、胎嚢や胎盤などの組織が体外に排出されます。

流産は、症状によっていくつかの種類に分けられます。

不全流産とは

不全流産は、子宮の内容物の一部だけが排出される流産です。

子宮に残った内容物を放置すると、感染症などの原因となります。

そのため、不全流産後は子宮内容除去手術で子宮内をきれいにする必要があります。

不全流産の前に、必ず進行流産が起こる

進行流産は、子宮口が開いて流産が進行しつつある状態を指します。

一度子宮口が開いてしまうと止めることはできず、数分以内に子宮の内容物が流れ出てきます。

進行流産が起こった後は、不全流産か完全流産のいずれかに移行します。

完全流産とは

進行流産の後、子宮の内容物がすべて排出された状態を指します。

不全流産と異なり、流産後の手術は必要ないことが多いです。

そのほかの流産について

稽留流産

亡くなった胎児が子宮内にとどまっている状態を、稽留流産と呼びます。

稽留流産は自覚症状が少なく、検診などではじめて気付くことが多いです。

稽留流産の状態を長時間放置すると、いずれ進行流産になる可能性が高いです。

自然に進行流産になるのを待つこともありますが、たいていは早い段階で手術を行います。

切迫流産

胎児の心拍は確認できるものの、出血などが起こって流産になりかけている状態が切迫流産です。

早い段階で気付いて正しく対処すれば、妊娠を継続できることが多いです。

化学流産

一旦着床したものの、妊娠確定前に着床が終了してしまうのが化学流産です。

「化学流産」は正式な医療用語ではなく、妊娠や流産としてカウントされることはありません。

着床終了後は普段どおり、もしくは普段よりやや重め・遅めの生理が起こります。

2. 不全流産の原因

不全流産に限らず、妊娠初期の流産の多くは受精卵の染色体異常が原因です。

染色体異常は一定の確率で起こる現象で、受精が成立した時点で決まってしまいます。

そのため、決してママやパパの責任ではありません。

流産が起こる確率と、起こりやすい時期

妊娠初期の流産は、全妊娠の15~20%で起こります。

そして、初期流産の約80%は妊娠12週未満で起こると言われています。

母体の年齢が上がると、流産率が上がる

母体が高齢になると染色体異常が起こりやすくなり、その分流産率も高くなります。

35歳以下の流産率は10~15%ですが、35~40歳では約20%になります。

さらに、40歳以上では約40%にまで上がります。

3. 不全流産の兆候・症状

おもな兆候・症状

出血

最初に少量の出血が起こり、しだいに出血量が多くなっていきます。

出血が増えてくると、子宮内膜などの組織がレバー状のかたまりとなって出てきます。

また、白~半透明の袋のような胎嚢が出てくることもあります。

胎嚢が出てきた場合、可能であればとっておいて病院に持参しましょう。

下腹部の痛み

出血が増えるとともに、生理痛を重くしたような下腹部痛が起こります。

子宮が収縮し、子宮内膜などが剥がれ落ちる過程で痛むのです。

流産の進み方は、個人差が大きい

出血・痛みが起こってから子宮の内容物が出るまでにかかる時間は、人それぞれです。

出血開始から数時間で完全に出てしまう人もいれば、1週間以上かかる人もいます。

また、血液とともに出てくるかたまりの量・大きさ・形もまちまちです。

痛みについても、普通の生理痛程度から陣痛のような痛みまでさまざまです。

受診のタイミング

不全流産のような症状が起こったら、まず病院に電話しましょう。

状況に応じて受診のタイミングを教えてくれるので、指示に従いましょう。

ひとりで行動すると、大量出血による貧血や痛みのショックなどで倒れるおそれがあります。

できる限り、家族などに付き添ってもらいましょう。

4. 不全流産と完全流産の見分け方

不全流産では、子宮の内容物を出そうとして子宮頸管が開いたままになります。

子宮頸管が開いている間は、出血・痛みが続きます。

完全流産の場合、子宮の内容物がすべて出てしまうと次第に出血・痛みは少なくなります。

確実に見分けるには、検査が必要

不全流産の途中で症状が軽くなることもあれば、完全流産後にだらだら出血が続くこともあります。

そのため「完全流産だと思ったら不全流産だった」ということも起こり得ます。

不全流産か完全流産かを確実に判別するには、病院での内診や超音波検査が必要です。

5. 不全流産後の処置

病院では、まず以下のことを確認します。

  • 子宮の内容物の様子
  • 貧血の程度
  • 感染症などの有無
  • (胎嚢を持ってきている場合)胎嚢の検査

手術が必要と診断されたら、状況に応じて手術のタイミングを決めます。

子宮内除去手術

稽留流産後の処理と同じ要領で、子宮の内容物をきれいに取り出します。

稽留流産などの場合、事前に子宮口を開くための処置が必要です。

不全流産の場合は子宮口がすでに開いているので、この処置を行わないか軽い処置のみで済ませます。

多くの場合は全身麻酔を併用しつつ、子宮の内容物を掻爬もしくは吸引します。

手術にかかる時間と入院日数

手術そのものは、15~20分ほどで終わります。

感染症などの異常がなければ、日帰りもしくは1泊入院で済みます。

不全流産でも、手術を行わないケース

子宮の内容物が少ししか残っていない場合、手術しないこともあります。

その場合は必要に応じて子宮収縮剤を投与し、残ったものを排出させます。

6. 不全流産後の過ごし方

手術後しばらくは、生理のような出血と痛みが続きます。

順調に回復していても、子宮が元に戻ろうとする段階で出血・痛みは必ず起こります。

たいていは1週間ほどでおさまるので、それまではできるだけ安静にしましょう。

手術後は子宮収縮剤や抗生物質などが処方されるので、きちんと飲みきりましょう。

流産後しばらくは無理をしない

無理な家事・仕事や激しい運動は、子宮の回復を妨げるおそれがあります。

仕事をしている人は、流産後3日~1週間ほど休みをとりましょう。

また、流産後は精神的ダメージの回復にも時間がかかります。

悲しみや不安はひとりで抱え込まず、周囲の人に支えてもらいましょう。

生理が1~2回来たら、妊活再開の許可が下りる

順調に回復すれば、ホルモンバランスや基礎体温もしだいに妊娠前の状態に戻っていきます。

多くの病院では、生理が1~2回来たら妊活再開の許可がおります。

それより早い段階で妊娠すると、再び流産するリスクが高くなります。

早く子どもが欲しいからと焦らないで、しっかり心身を回復させましょう。

不全流産後の妊娠率は?

手術ミスなどがない限り、不全流産そのものが原因でその後の妊娠率が下がることはありません。

不全流産に限らず、流産を経験している人は意外に多いものです。

そして、たくさんの人が流産後に無事妊娠・出産しています。

流産は悲しいことですが、「一度流産したからもう妊娠できない」と悲観する必要はありません。

流産を繰り返す場合は、病院で検査を

流産を何度も繰り返す場合は、不育症などの問題が隠れていることがあります。

不育症は「妊娠はできるが妊娠継続が難しい状態」を指し、子宮の奇形・異常などさまざまな原因によって起こります。

また、夫婦のどちらか(もしくは両方)の染色体異常が原因になることもあります。

原因がわかれば対策を立てやすくなるので、流産が続く場合は早めに検査を受けましょう。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る