カルボシステイン(ムコダイン)の効果と子どもに使う時の注意点

1. カルボシステイン(ムコダイン)とは?

カルボシステインは、去痰薬の一つです。

痰の切れを良くするだけでなく、鼻水や膿を出しやすくする効果があります。

上気道炎、気管支炎喘息、副鼻腔炎、滲出性中耳炎など、幅広い症状に対して使われるので、小児科、耳鼻科、内科で多く処方される薬です。

2. カルボシステインが配合されている薬

カルボシステインというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

錠剤

  • ムコダイン錠
  • カルボシステイン錠

シロップ

  • ムコダインシロップ
  • カルボシステインシロップ
  • カルボシステインシロップ小児用

ドライシロップ

  • カルボシステインドライシロップ

3. 子どもに対する安全性

小児に対する安全性が確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

飲み始めの症状として、食欲不振、下痢、発疹などが出ることがあります。

長い期間飲み続けると、だるさ、吐き気、発熱、尿が茶褐色になるなどの肝障害になることがありますので、注意が必要です。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

ホームケアの注意点

咳や痰は、昼間よりも夜間、寝ている間に出ることが多いです。

そのため、昼間は咳をしていないからといって、思いっきり外で遊ぶと、夜中に寝られないほどに苦しい咳をしてしまうこともあります。

しっかり治るまで、外遊びや運動は控えましょう。

痰の出が悪いときは、水分をしっかりとるようにしてください。

用法

症状や年齢、体重によって処方が異なります。

医者の指示に従い、処方された薬を、最後まで飲み切ることが大切です。

用量

ドライシロップの場合

1回あたりの投与できる量は、体重1kgにつき10mgです。

体重10kgの赤ちゃんであれば、100mgです。

シロップの場合

1回あたりの投与できる量は体重1kgにつき、30mgです。

体重10kgの赤ちゃんであれば、300mgです。

どちらも1日3回、内服します。