グリセリン浣腸の効果と子どもに使う時の注意点

1. グリセリン浣腸とは?

グリセリン浣腸は、便秘の治療に使う、便秘治療薬です。

グリセリンが含まれている液体を、肛門から直接入れることで、排便を促す下剤の一つです。

即効性があるので、硬く固まっている便や、すぐに排便したいときに使われます。

2. グリセリンが配合されている浣腸薬

グリセリンというのは一般名(成分名)です。

製薬会社によって、商品名は異なります。

浣腸液

  • グリセリン浣腸「オヲタ」小児用
  • グリセリン浣腸「東豊」
  • ケンエーG浣腸液

3. 子どもに対する安全性

乳幼児に対する安全性が、確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用は、ほとんどありません。

使用すると、腹痛が出ることがありますが、一時的なものなら心配はありません。

長く使い続けると、体が薬に頼りがちになり、自然な排便が難しくなります。

薬の効果によって、脱水症状を起こすことがありますので、本当に必要なのかをよく検討してから、使う必要があります。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

規則正しい生活のアドバイス

薬に頼るだけでなく、食事や生活リズムを整えて、便秘の改善をおこなうことが大切です。

食生活

まずは3食を、しっかり食べることが大切です。

野菜、果物、きのこ類、ヨーグルトなど、食物繊維、乳酸菌を多く含む食品を積極的に食べましょう。

排便習慣

朝食後、便意がなくても、必ずトイレに座る習慣をつけましょう。

朝起きたら、冷たい水や牛乳を飲むと、腸の動きを促すことができます。

用法

浣腸液を、容器ごとお湯につけ、40℃ほどに温めておきます。

挿入するときは、左側を下にした横向きになり、ひざを軽く丸めた姿勢になります。

立ったままでの浣腸は、危険ですのでやめましょう。

チューブの挿入は、子どもの場合3~4cmほどです。

深く挿入してしまうと、直腸壁を傷つけてしまうので、注意が必要です。

初めて使う時は、病院で正しい使い方を教えてもらいましょう。

用量

年齢、症状により異なるので、医者の処方した量と回数を守りましょう。