進行流産とは?発生する時期・確率・兆候・症状・次の妊娠への影響

1. 進行流産とは?

妊娠22週未満の時点で赤ちゃんの成長が止まり、妊娠を継続できなくなることを流産と呼びます。

成長が止まってしまうことから体外に排出されます。

流産にはいくつか種類がありますが、「子宮の内容物が流れ出ている=現在流産が進行している状態」を進行流産と呼びます。

進行流産以外には、どんな流産がある?

稽留流産

胎児の心拍が止まり、子宮内にとどまった状態が稽留流産です。

自覚症状がほとんどなく、検診で気付くことが多いです。

稽留流産と診断されると、多くの場合は手術で子宮の内容物を取り出します。

しかし、手術予定日を待っている間に進行流産が始まってしまうこともあります。

自然流産を待つこともある

本人の意向や経過によっては、自然に進行流産へ進むのを待つことがあります。

より自然な形の流産になりますが、以下のリスクをともなうので十分注意しましょう。

  • 突然腹痛・出血が起こることがある
  • 不全流産になった場合は、やはり手術が必要になる

完全流産

進行流産の後は、完全流産か不全流産のいずれかが起こります。

完全流産は、子宮の内容物がすべて体外に出てしまった状態です。

不全流産

内容物の一部が子宮内に残ってしまうと、不全流産と呼ばれます。

残った内容物をそのままにしておくと、感染症などの原因になります。

そうしたトラブルを防ぐため、稽留流産と同様に手術を行います。

切迫流産

「胎児の心拍は確認できるが、流産になりかけた状態」を切迫流産と呼びます。

安静を保つなどして対処すれば、高い確率で妊娠を継続できます。

ただし、経過によっては進行流産へと進むことがあります。

化学流産

一旦受精が成立したものの、着床が長続きせず生理が来てしまった状態です。

「流産」と名がついていますが、正確には妊娠・出産ではありません。

2. 進行流産の原因は?

進行流産に限らず、初期の流産のほとんどは胎児の染色体異常によって起こります。

胎児の染色体異常は、受精が成立した時点で決まってしまっています。

また、健康で若い男女の受精卵でも一定確率で染色体異常が起こります。

流産が起こる確率

妊娠22週未満での流産は、全妊娠の15~20%で起こるとされています。

母体の年齢が上がると、流産のリスクが上がる

母体の年齢が高くなると染色体異常が起こりやすくなり、流産のリスクもそれだけ高くなります。

35歳以下の流産率は、おおむね10~15%です。

一方35~40歳では20%、40歳以上では40%にまで跳ね上がります。

3. 進行流産の兆候・症状

進行流産の症状

大量の出血

多くの場合、進行流産は出血とともに始まります。

最初は少量ですが、時間の経過と共に出血量が多くなっていきます。

血液と一緒に、レバー状のかたまりが出てくることが多いです。

強い腹痛

出血量が増えるとともに、強い下腹部痛が起こります。

子宮内膜などが剥がれ落ちるため、生理痛を非常に重くしたような痛みが起こります。

痛みの程度は個人差が大きいですが、一般的に週数が進むほど痛みが強まります。

進行流産が進むと…

進行流産になると数分ほどで子宮口が開き、子宮の内容物が流れ出てしまいます。

ごく初期のうちに気付いて子宮口を縛るなどの対処をすれば、流産を防げることもあるようです。

ただし、いったん進行流産になるともう止められないことがほとんどです。

出血とともに、白いかたまりが出てくることも

出血とともに、半透明や白のかたまりが出てくる場合があります。

このかたまりは胎嚢なので、可能であればとっておいて病院に持って行きましょう。

4. 病院での処置

進行流産が起こったら病院に電話し、受診のタイミングについて指示をもらいましょう。

状況にもよりますが、必ずしも「痛みが起こったらすぐ病院へ」とは限りません。

無理をすると貧血や痛みのショックで倒れる恐れがあるので、単独行動はできる限り避けましょう。

病院でのチェック

病院に着いたら、まず子宮の内容物が残っているかどうかを確認します。

同時に、感染症の有無や貧血の程度についてもチェックします。

胎嚢を持ってきていれば、検査によって流産の原因がわかることもあります。

不全流産の場合

不全流産に移行した場合は、流産手術が行われます。

流産手術の流れ

人工妊娠中絶や稽留流産の手術では、事前に子宮口を開く処置を行います。

ただし、不全流産の場合はすでに子宮口が開いています。

そのため子宮口を開く処置を行わないか、軽い処置だけで済みます。

最後に器具を使って内容物を掻き出し、子宮内をきれいにします。

手術の痛みは?

手術そのものは、10~20分で済みます。

子宮の内容物の量などにもよりますが、全身麻酔または部分麻酔を使うことが多いです。

入院は必要?

多くの場合、日帰りもしくは1泊入院となります。

なお、一般的な中絶手術と異なり健康保険が適用されます。

完全流産の場合

完全流産の場合、基本的に流産手術は必要ありません。

子宮の内容物がすべて出てしまうと、痛みや出血もおさまります。

ただし、出血を抑えたり感染症を防いだりする処置は必要です。

5. 流産後の生活

流産後は、生理のような出血と鈍い下腹部痛が1週間ほど続きます。

この出血と痛みは、大きくなった子宮が元の大きさに収縮しようとする過程で起こります。

出血と痛みはしだいにおさまっていき、徐々にいつも通りの生活ができるようになります。

多くの場合子宮収縮剤や抗生物質が処方されるので、きちんと飲みきりましょう。

しばらくは無理せず、心身の回復に専念する

流産は、女性の心と体に大きなダメージを与えます。

あまり無茶をすると体の回復が遅れたり、うつ病など心の病気になったりするおそれがあります。

無理な仕事や家事はしばらく避け、できるだけ静かに過ごしましょう。

仕事復帰はいつから?

仕事をしている人は、流産後3日~1週間ほど休んでから仕事を再開することが多いようです。

不全流産の多くは妊娠初期に起こるので、まだ職場に妊娠を報告していないケースも多いでしょう。

流産の報告は辛いものですが、上司や信頼できる同僚だけには打ち明けておきましょう。

そうすることで理解を得やすくなり、復帰後もなにかと配慮してもらえるでしょう。

妊活再開はいつから?

順調に回復していれば、1~2回生理が来てから妊活再開の許可がおりることが多いです。

しばらく時間を置けばホルモンバランスが元に戻り、妊娠しやすい環境が整います。

とはいえ、精神的なダメージが大きいとなかなか妊活を再開する気になれないかもしれません。

その場合は無理をせず、心の傷が癒えるのをゆっくり待ちましょう。

あまり早いうちに妊娠するのは避けて

早く子どもが欲しいと思っても、生理再開前に焦って子作りすることはおすすめできません。

子宮がしっかり回復していないうちに妊娠すると、また流産するリスクが高くなります。

6. 初期流産のほとんどは、パパ・ママのせいではない

不全流産に限らず、初期に起こる流産のほとんどは染色体異常によって起こります。

染色体異常による流産はいわば自然淘汰であり、ママやパパに非があるわけではありません。

流産でショックを受けるのはごく普通のことですが、必要以上に自分自身やパートナーを責める必要はありません。

なかなか気持ちの整理がつかない場合は、専門家のカウンセリングを受けるのもよいでしょう。

流産を経験しても、かわいい赤ちゃんに恵まれた人は多い

流産そのものは、決して珍しいことではありません。

実際に流産を経験しても、その後で元気な赤ちゃんに恵まれた人はたくさんいます。

流産の悲しみが癒えたら、自分のペースで妊活を再開しましょう。

流産を何度も繰り返す人は、産婦人科で検査を

もし流産を何度も繰り返す場合は、不育症などの問題が隠れているかもしれません。

早めに原因を見つけて対処すれば、無事出産できる可能性も上がります。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る