赤ちゃんのでべその原因は?どうしてでべそになるの?

1. でべそ(臍ヘルニア)とは?

でべそにも種類がある

でべそは原因によって、2種類に分けられます。

  • 臍ヘルニア
  • 臍突出症

どちらも症状は同じです。

本来凹んでいる臍が、突出してしまっている状態です。

赤ちゃんに多いのはどちらのでべそ?

赤ちゃんは臍突出症ではなく、臍ヘルニアであることがほとんどです。

臍突出症は、皮膚のみ飛び出している状態のでべそ。

しかし臍ヘルニアは、皮膚だけでなく腸が飛び出しているのです。

でべその赤ちゃんは多い?

赤ちゃんのうち、10%はでべそと言われています。

特に未熟児で産まれた場合は、80%程度の割合ででべそになります。

では、なぜ赤ちゃんはでべそが多いのでしょうか。

2. 赤ちゃんの臍ヘルニアの原因

腹直筋が未発達

腹直筋とは腹筋の1つのことです。

一般的に言われる腹筋は、ほとんどの場合腹直筋を指します。

この腹直筋が、赤ちゃんの頃には未発達です。

だからこそ腸をお腹の中に抑え込むことができずに、腸が臍から飛び出します。

しかし腹直筋は、寝返りやハイハイをするころになると発達してきます。

そのため、その時期になるとでべその赤ちゃんが減少する傾向があります。

臍が左右にくっついていない

赤ちゃんはへその緒を切ったばかりです。

まだまだ時間が経過していないため、臍まわりの左右が開いたままです。

そのためやはり、腸が出てきてしまうのです。

腸が出てる?大丈夫?

臍ヘルニアは腸が出ていることが原因、というお話をしました。

腸が出ているというと、なんだか大げさに聞こえると思いますが、日常生活に支障はありません。

間違っても破裂したり、腸が身体の外に出過ぎてしまったりすることはありません。

3. 臍ヘルニアは病気?

臍ヘルニアは、病気です。

美容上の問題のように見えますが、それだけではありません。

腸が出てしまっているわけですので、ずっとそのままで良いわけはありません。

なぜなら腸が傷つきやすいからです。

他にもでべそ以外の症状を併発してしまうこともあります。

ですから、ある程度の期間はそのままでも問題ありませんが、その後は手術を考える必要が出てきます。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る