ラクツロース(モニラック)の効果と子どもに使う時の注意点

1. ラクツロース(モニラック)とは?

ラクツロースは、便秘のときに処方される、便秘治療薬の一つです。

薬が腸内に届くと、腸内の水分を増やして、便をやわらかくします。

薬の成分が、腸内の乳酸菌によって分解されると、乳酸や酢酸がつくられます。

その刺激によって、腸の働きが良くなります。

ほかには血液中のアンモニアを減らす働きがあるので、肝硬変などで肝臓の機能が低下して、アンモニアの代謝が出来なくなった人に処方される薬です。

2. ラクツロースが配合されている薬

ラクツロースというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

シロップ

  • ラクツロース・シロップ
  • モニラック・シロップ
  • ピアーレシロップ

ゼリー

  • カロリールゼリー
  • ラグノスゼリー

3. 子どもに対する安全性

乳幼児に対する安全性が、確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用は、ほとんどありません。

副作用として多いのは、下痢です。

ひどい下痢が続く場合は、早めに病院へ受診してください。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

症状や年齢によって、飲む量や回数が異なります。

医者から処方された量を守ってください。

用法

飲み始めは、少しの量から始めます。

便通の様子を確認しながら、量を増やし、適量を決めます。

用量

ラクツロースは、薬の種類によって、用量が異なります。

シロップの場合

1日あたりの投与できる量は、体重1kgにつき0.5~2mlを3回に分けて服用する。

体重10kgの赤ちゃんであれば、5~20mlです。

散剤の場合

1日あたりの投与できる量は、体重1kgにつき0.33~1.3gを3回に分けて服用する。

体重10kgの赤ちゃんであれば、3.3~13gです。

ドライシロップの場合

1日あたりの投与できる量は、体重1kgにつき0.34~1.37gを3回に分けて服用する。

体重10kgの赤ちゃんであれば、3.4~13.7gです。

飲む前に溶かして、服用します。