硫酸鉄(フェロ・グラデュメット)の効果と子どもに使う時の注意点

1. 硫酸鉄(フェロ・グラデュメット)とは?

硫酸鉄は、鉄分をおぎなう薬です。

体の中の鉄が不足して起こる、鉄欠乏性貧血に対して処方されます。

ほかにも鉄不足による、うつ、不眠などに、応用処方されることがあります。

2. 硫酸鉄が配合されている薬

硫酸鉄というのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

錠剤

  • フェロ・グラデュメット錠

3. 子どもに対する安全性

子どもに対する安全性は確立されていません。

4. 副作用はあるの?

重い副作用は、ほとんどありません。

飲み始めや、初期症状で多いのは、腹痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、発疹、じんましんなどです。

症状がひどいときは早めに病院を受診してください。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

子どもに処方された時は

硫酸鉄は小児への安全性が未確立となっており、処方されることはあまりありません。

しかし、ほかの薬で効果が出なかった時など、医者が必要と判断した場合は、月齢、症状、適切な量を考慮した上で処方されることがあります。

その際、医者は副作用についてきちんと説明し、副作用が出たらすぐに相談するか中断するように指示します。

そのため、お医者さんの話をいつも以上にしっかり聞いて、指示を守ることが大切です。

注意点

硫酸鉄は、誤って大量に飲むと、胃腸から出血したり、中毒症状を起こすことがあります。

子どもの誤飲には、特に注意が必要です。

規則正しい食生活を心がけて

薬を内服しているからと、安心するのではなく、積極的に食べ物から鉄分を摂取することが大切です。

鉄は、レバー、ウナギ、あさり、シジミ、のり、大豆、小松菜などに多く含まれます。

鉄分が多く含まれている食品ばかりを食べるのではなく、さまざまな食品をバランスよく食べることが大切です。

インスタント食品やスナック菓子は、鉄吸収を妨げるリン酸が多く含まれますので、なるべく食べないことが好ましいです。

用法

硫酸鉄は徐放錠と呼ばれる、少しずつ溶ける錠剤です。

つぶしたり、噛んだりせず、たくさんの水で飲みます。

飲みにくい場合は、医者へ相談しましょう。

用量

成人の場合は、通常1日1~2錠を、1~2回に分けて服用します。