セキソビットとは?排卵誘発効果・副作用・クロミッドとの違いは?

1. セキソビットとは?

セキソビットとは、排卵障害や月経異常などの治療に使用される排卵誘発剤のひとつです。

排卵誘発剤の中ではもっとも作用が弱く、反面副作用も少なくなっています。

クロミッドと同じく錠剤タイプの飲み薬で非常に使いやすい薬です。

セキソビットは、クロミッドと比べると効果や副作用の違いはあるのでしょうか?

また、排卵誘発効果はどのくらいになるのでしょうか?

2. セキソビットの効果は?

セキソビットは、「シクロフェニル」という成分を含む排卵誘発剤です。

クロミッドと同じく錠剤タイプの飲み薬で、ホルモン値が安定し始める月経開始3~5日目から5~10日間ほど服用します。

1回の服用量は1~3錠です。

セキソビットで排卵が誘発されるしくみは?

セキソビットは排卵に関わるホルモン分泌を司る脳の視床下部や下垂体に作用します。

卵胞の成熟を促す卵胞刺激ホルモン(FSH)と、排卵を促す黄体形成ホルモン(LH)の分泌を促進することで、排卵誘発効果を高めます。

セキソビットが処方されるのはどんな場合?

セキソビットは、次のような場合に処方されます。

無排卵月経

月経があるのに排卵がおこなわれていない状態で、排卵障害のひとつです。

稀発月経

月経周期が39日以上と長い場合ですが、必ずしも排卵障害があるとは限りません。

多くの場合、排卵がおこなわれています。

無月経

月経周期が90日以上と非常に長い場合です。

卵胞が成熟する過程で、何らかの問題があるケースが多いでしょう。

多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群とは、卵巣の中に小さな卵胞がたくさんできてしまい、どの卵胞も育ちきらずに排卵できなくなる病気です。

排卵障害の中ではもっとも多い病気と言われています。

黄体機能不全

黄体ホルモンの分泌量が少なくなる症状をさします。

黄体ホルモンが少なくなると、子宮内膜が維持できなくなったり、厚くなりにくくなり受精卵が着床しにくくなります。

排卵誘発剤を服用して卵子の質を上げたり、女性ホルモンの分泌を促進して子宮内膜を厚くする治療をします。

不妊治療

妊治療をはじめて中々成果があらわれない場合にも、排卵誘発剤が使用されることがあります。

セキソビットの効果は?

セキソビットは、クロミッドと同じく脳の視床下部や脳下垂体に作用します。

臨床試験では、無排卵月経の女性でセキソビットを服用した結果、約半数に効果がみられたというデータがあります。

3. セキソビットの副作用は?

セキソビットは、クロミッドなどの排卵誘発剤と比べると、作用が弱めです。

その分副作用も少なく、安心して使用できる薬です。

セキソビットの副作用は?

セキソビットの副作用は少ないですが、以下のような副作用があらわれることがあります。

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 胸の張り
  • 不正出血
  • 肝臓機能の低下
  • 卵巣過剰刺激症候群
  • 多胎妊娠

吐き気・頭痛・胸の張り・不正出血

セキソビットは、視床下部や脳下垂体に作用して卵胞の成熟を促します。

女性ホルモンの分泌がこれまでより多くなることで、吐き気や頭痛、胸の張りや不正出血などの副作用があらわれることがあります。

肝臓機能の低下

セキソビットは、肝臓に吸収・分解されます。

このため、肝臓機能が弱っている人は注意が必要です。

めったにありませんが、セキソビットを服用することで、肝臓機能が低下することもあります。

卵巣過剰刺激症候群

卵巣過剰刺激症候群とは、卵巣を過剰に刺激されることで卵巣が腫れてしまう病気です。

セキソビットを服用すると、女性ホルモンの分泌が促進され、卵巣が活発にはたらくため腫れてしまうこともあります。

卵巣付近に痛みを感じたり、お腹が張ったような感じがする場合は、医師に相談しましょう。

多胎妊娠

多胎妊娠とは、2人以上の胎児を妊娠することです。

多胎妊娠の場合、流産や早産、低体重児などのリスクが上がります。

また、母体にも負担がかかりやすくなるため、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病にかかるリスクも上がります。

4. セキソビットとクロミッドの違いは?

セキソビットとクロミッドは、同じ飲み薬タイプの排卵誘発剤なので違いが分かりにくいものです。

服用する期間もほぼ同じですが、ききめや副作用に違いがあります。

薬の成分が違う

クロミッドの成分は「クロミフェン」というものです。

セキソビットの成分は「シクロフェニル」です。

排卵誘発効果に違いがあり、シクロフェニルよりもクロミフェンの方が、排卵誘発効果が高いと言われています。

排卵障害や月経異常などは、クロミッドが処方される

ほとんどの場合、排卵障害や月経異常の患者には最初からセキソビットを処方するケースは少ないでしょう。

セキソビットじたい扱っていない病院もあり、最初はクロミッドが処方されることが多いです。

セキソビットは副作用が少ない

セキソビットの作用は弱めですが、その分副作用も少ないです。

このため、クロミッドや他の排卵誘発剤の休薬期間に使用されるケースが多いです。

また、他の排卵誘発剤の副作用の不安から、患者の希望により処方されることもあります。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

不妊治療専門の病院を
探す・口コミを見る