トピラマート(トピナ)の効果と子どもに使う時の注意点

1. トピラマート(トピナ)とは?

トピラマートは、てんかん発作を予防する、抗てんかん薬の一つです。

トピラマートは、てんかんの部分発作に効く薬ですが、ほかの抗てんかん薬とは違う作用を持っています。

服用するときはトピラマートだけではなく、ほかの抗てんかん薬と一緒に使うことで、てんかん発作の予防効果が高まります。

2. トピラマートが配合されている薬

トピラマートというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

錠剤

  • トピナ錠

細粒

  • トピナ細粒

3. 子どもに対する安全性

2才以上の小児に対する安全性が確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

飲み始めや、副作用として多いのは、眠気、だるい、頭痛、摂食異常、体重が減る、めまい、しびれ、目の痛み、ものが二重に見えるなどです。

汗が出にくくなるので、夏場や高温の場所にいるときは、体温が上がりやすいので注意をしてください。

まれに重い副作用として、緑内障、腎・尿路結石を引き起こすことがあります。

症状が長引いたり、悪化したりする場合は、すぐに病院を受診しましょう。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

抗てんかん薬は、長い期間飲み続けることで、発作をおさえる効果があります。

勝手な判断で薬を減らしたり、やめたりすると、その反動で重い発作を起こす危険があります。

処方された量や回数を、守ることが大切です。

用法

飲み始めは、少しの量から開始します。

医者の指示のもと、効果や副作用を確認しながら、少しずつ量を増やしていきます。

適量が決まったら、指示された内服量を守ることが大切です。

用量

1日あたりの内服量は、体重1kgにつき6mgです。

体重20kgの小児であれば、120mgです。

1日あたりの上限は、体重1kgにつき9mg、または600mgのいずれか少ない量です。

体重20kgの小児の場合は、180mgが1日あたりの上限です。

いずれも、1日2回に分けて服用します。