妊娠検査薬はいつから反応する?着床出血後の使える時期は?

1. 妊娠検査薬とは?

妊娠検査薬とは、妊娠の可能性を自宅などで手軽に判定できる検査薬です。

現在では薬局やドラッグストアなどで購入でき、手軽に妊娠の有無を調べられます。

しかし、そんな便利な妊娠検査薬も、正しく使用しなければ正確な結果を得られません。

正しい判定結果を得るためにも、妊娠検査薬の使用時期には注意が必要です。

どうやって判定しているの?

尿中に含まれるホルモンに反応し、妊娠の有無を判定します。

妊娠検査薬の使い方

現在、数多くの妊娠検査薬があり、それぞれに特徴がありますが、基本的に大きな違いはありません。

一般的なものはスティック状のものが多く、指定箇所に尿をかける、または尿を浸して反応を調べます。

妊娠検査薬の判定結果

妊娠検査薬の判定結果は、大きく分けて2種類です。

  • 陽性反応=妊娠の可能性が高い
  • 陰性反応=妊娠の可能性は低い

上記のどちらかの結果がでます。

妊娠検査薬には、判定窓と呼ばれる判定結果が表示される部分があります。

ほとんどの場合は、判定窓に線が現れると陽性というしくみになっています。

2. 妊娠検査薬のしくみ

妊娠検査薬のしくみは、複雑そうに思えますが、実は極めてシンプルです。

妊娠すると分泌されるホルモン「hCG」

受精卵が子宮で着床をすると、女性の体内ではさまざまな変化がはじまります。

その変化の1つにhCGというホルモンの分泌があります。

hCGとは胎盤から作り出されるホルモンのことで、別名「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」といいます。

妊娠検査薬はhCGの分泌量が判定基準

hCGは受精卵が着床することで生産が始まり、日々、少しずつ分泌量が上がります。

そして次第に尿中や血液中にもhCGが排出されます。

この排出された尿や血液から、hCGの値を調べることで、妊娠を判定できます。

妊娠検査薬は、尿の中のhCGに反応して妊娠の有無を判定します。

3. 妊娠検査薬が使用できる時期

妊活中の女性にとって、妊娠の有無はすぐにでも知りたいものですよね。

しかし、結果を焦って、早い時期に妊娠検査薬を使用するのは注意が必要です。

規定の時期を守らないと、誤った結果が出てしまう可能性があるからです。

妊娠検査薬はいつから使用できる?

一般的な検査薬では、生理予定日の1週間後という記載のあるものが多いです。

しかし、製品ごとに若干の違いがあるため、製品の説明書をしっかりと読むことが大切です。

検査薬の反応とhCG分泌量の関係性

一般的な国内の妊娠検査薬は、尿中のhCG値が50mlU/mLを超えると陽性反応がでます。

逆にhCG値が50mlU/mLに満たない場合は、陰性反応となります。

hCG値が測定可能になる時期

通常、hCGが50mlU/mLを超えるのは、妊娠4週目からです。

「生理予定日後1週間後に検査するように」と、指示のある妊娠検査薬が多いのはこのためです。

検査時期は遅すぎてもダメ

しかし、hCG分泌量が50mlU/mLを超えていれば、いつでも検査できるわけではありません。

hCGの分泌量は日々増えていくため、日数が経ちすぎてhCGの分泌量が過剰に多くなると、正しい判定が行えない場合があります。

その結果、妊娠しているのに陰性反応が出てしまうケースもあります。

適切な検査時期を守ること

妊娠検査薬の使用は、早すぎても遅すぎても正確性が劣るので、注意が必要です。

正確な判定結果を得るには、使用する製品に記載してある期間を正しく守り、使用することが大切です。

4. 着床出血後は正しく判定できない?

生理日より前に少量の出血があった場合は、着床出血の可能性があります。

妊活中の方は、すぐにでも検査をしたいと思いますが、残念ながら出血直後に検査はできません。

着床出血直後の検査は誤った結果が出ることも

着床出血があった場合は、検査する尿に血液が混じる可能性があります。

不純物が尿に混じると、適切なhCG分泌量が調べられず、誤った結果が出る場合があります。

妊娠検査薬が使用できるのは着床出血から何日後?

着床出血は排卵後7〜10日ほどで起こります。

妊娠検査薬が使用できるのは、着床出血が起きてから2週間後になります。

着床直後はhCGの分泌量も少ないため、早めに検査を行っても陰性になるのが普通です。

5. 生理不順の場合の判定時期

今月は28日周期で生理がやってきたのに、翌月は40日以上生理が来ないという生理不順の方もいると思います。

このように生理周期が不安定だと、次の生理予定日も全く予測ができません。

では、生理不順の方はいつ妊娠検査薬を使用すればいいのでしょうか。

性交渉からの日数を基準にする

生理不順の方が生理予定日を特定するのは非常に難しいことです。

そのため、性交渉から約3週間後を目安に検査することをおすすめします。

着床までの時間で計算する

基本的に精子の寿命は2〜3日が平均です。

その後、受精に成功している場合は、着床するまでに約1週間ほどかかります。

着床後、hCGが分泌されて、基準値に達するまでには、そこから1週間ほどかかります。

その結果、性交渉から3週間くらいの期間をおいて検査をすると、生理不順の方でも判定ができるのです。

6. 早く知りたい場合は早期妊娠検査薬

どうしても早く検査したい場合には、検査時期が生理予定数日前〜生理予定日当日の早期妊娠検査薬もあります。

しかし、この早期妊娠検査薬の購入には、薬剤師の指導が必要です。

一般的な検査薬のように、手軽には購入できず、必ず薬剤師の指導を受けて購入します。

早期妊娠検査薬はhCG分泌量が少量でも反応する

一般的な妊娠検査薬と、早期妊娠検査薬では、陽性反応の出る基準が違います。

一般的な妊娠検査薬は、hCG分泌量が50mlU/mLを超えると陽性反応が出ます。

それに対し早期妊娠検査薬は、25mlU/mLを超えると陽性反応がでます。

早期妊娠検査薬の方が、少量のhCGに反応するので、早めに判定ができるしくみになっています。

7. まとめ

妊活している女性にとって、妊娠の検査は、楽しみの1つでもあります。

しかし、適切な時期を守らない検査は、誤った結果を招いてしまいます。

より確かな判定結果を出すためにも、妊娠検査薬は、必ず適切な時期に使用しましょう。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る