腰痛がひどい!妊娠超初期の可能性あり?生理前の腰痛と違いはある?

1. 妊娠超初期に腰痛が起こる理由

着床が成立すると、出産に備えてリラキシンというホルモンが分泌されます。

リラキシンには、骨盤の関節・じん帯をゆるめる作用があります。

骨盤が開きやすくなることで、出産時に赤ちゃんが骨盤の間を通りやすくなります。

現代人には、リラキシンの作用が強すぎる!?

昔の人と比べて現代人はじん帯の力が弱く、多くの人は必要以上に骨盤がゆるんでしまいます。

骨盤のゆるみによって筋肉・関節に負担がかかり、腰痛が起こります。

さらに、ゆるんだ骨盤が周囲の臓器・骨を圧迫して腰痛を悪化させます。

妊娠超初期の腰痛が起こる時期

妊娠超初期症状としての腰痛は、生理予定日前後から始まります。

2. 生理前に腰痛が起こる理由

リラキシンは、生理前にも分泌されます。

それに加えて、生理前にはプロスタグランジンというホルモンの分泌量が増えます。

プロスタグランジンは子宮を収縮させ、生理前・生理中の下腹部痛の原因となります。

リラキシンとプロスタグランジンの作用で、下腹部だけでなく腰にも痛みが起こります。

生理前の腰痛が起こる時期

個人差が大きいですが、おおむね排卵後~生理2日目までの間に起こります。

3. 妊娠超初期症状か生理前症状か区別するには?

「突然腰痛を感じるようになった」「いつもと痛み方が違う」という場合は、妊娠超初期症状の可能性があります。

妊娠超初期症状としての腰痛の現れ方は、人によってばらばらです。

  • 突然、ぎっくり腰のような強い痛みが起こる
  • 腰全体に鈍い痛み・重さがある
  • 生理前の腰痛と似ており、ほとんど区別がつかない

他にも妊娠超初期症状はある?

腰痛だけで妊娠の有無を判断することは難しいものです。

腰痛以外に以下のような症状があれば、妊娠超初期の可能性が高まります。

  • 胸の張り・違和感
  • 下腹部痛
  • 頭痛
  • 熱っぽい・微熱が続く
  • 風邪の初期症状に似た症状(鼻水・寒気など)
  • 少量の出血(着床出血)
  • 便秘・下痢
  • 吐き気・胸焼け・げっぷが増える
  • 嗜好・味覚の変化
  • 倦怠感・眠気
  • 精神的症状(集中力低下、イライラなど)

妊娠検査薬によるチェックが確実

妊娠していなくても、ちょっとしたホルモンバランスの乱れで生理前の症状が変わることがあります。

そのため、妊娠超初期症状だけで妊娠の有無を判断することはできません。

生理予定日を1週間ほど過ぎても生理が来なければ、市販の妊娠検査薬でチェックしてみましょう。

もし陽性反応が出たら、早めに産婦人科を受診しましょう。

4. 市販の鎮痛剤で対処してもいい?

妊娠に気付かずに鎮痛剤を飲んでしまい、妊娠がわかった後で不安になる人はたくさんいます。

短期間かつ少量の服用であれば、市販の鎮痛剤が胎児に与える影響はほとんどないと言われています。

とはいえ、後で不安にならないよう薬の使用は極力控えたいものです。

どうしても気になる場合は、一度産婦人科で相談してみましょう。

外用薬は使ってもいい?

塗り薬・湿布類もまた、短期間の使用であれば胎児への影響は少ないです。

ただし、妊娠がきっかけで体質が変わることがあります。

そのため、それまで使っていた薬が突然体に合わなくなることがあります。

万が一かゆみ・じんましんなどの症状が出たら、すぐに使用を中止しましょう。

5. 必見!薬を使わず腰痛をやわらげる6つの方法

1. 腰周りを温める

妊娠超初期・初期の腰痛は、腰周りの冷えで悪化することがあります。

腹巻きやカイロなどで、腰周りを温めましょう。

カイロを使うときは、低温やけどに十分注意しましょう。

2. 冷たいものを摂取しすぎない

冷たい食べ物・飲み物をとりすぎると、胃腸が冷えてしまいます。

胃腸の冷えは、腰の冷えにもつながります。

暑い時期でも、できるだけ常温もしくは温かいものをとりましょう。

3. 全身の血行を良くする

全身の血行を良くすると筋肉のコリがほぐれ、腰痛がやわらぎます。

血行増進には、以下の方法が有効です。

  • ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる
  • 軽い運動をする

4. 骨盤ケアグッズを使う

市販の骨盤ベルト・サポーターには、ゆるんだ骨盤を固定する効果があります。

正しく装着すれば、子宮を圧迫する心配はありません。

妊娠したら、早い段階からの骨盤ケアが重要

もし妊娠したら、初期のうちから骨盤ケアを始めましょう。

適切な骨盤ケアで、妊娠中に多い腰痛・むくみ・尿漏れなどのマイナートラブルを防ぐことができます。

妊娠中からの骨盤ケアによって、産後の体型・体重戻しもスムーズに進みます。

5. 重いものを持つとき

重いものを持つとき・子どもを抱っこするときは一旦腰を落とし、脚の力を使って持ち上げましょう。

腰を落とさず背を曲げたり、腕・肩の力だけで持ち上げたりすると、腰に負担がかかります。

6. 普段の姿勢・癖に注意する

現代人に多い以下の癖は、腰痛悪化の原因になります。

普段から姿勢や座り方を意識するだけで、ずいぶん変わります。

  • 猫背
  • 横座り(いわゆるお姉さん座り)
  • ぺたん座り(アヒル座り)
  • 足を組んで座る
  • 長時間椅子に座る
  • 長時間パソコンに向かう
  • 片足に体重をかけて立つ
近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る