子どもが咽頭炎・扁桃炎のとき、食事とケアはどうすべき?

1. 子どもが咽頭炎・扁桃炎になったら

子どもの咽頭炎・扁桃炎の場合、ウイルスや細菌による病気を引き起こしています。

咽頭炎・扁桃炎になったとしても、対処方法は、かかった病気により変わります。

子どもの病気を悪化させないためにも、まずは病院で診てもらいましょう。

病院で診てもらわなくても咽頭炎・扁桃炎は治るの?

咽頭炎・扁桃炎が起きる原因は、必ずしも風邪とはかぎりません。

風邪のように、せきや発熱が出たからといっても、風邪薬では治りません。

病気にあわせて、適切な治療をする必要があります。

素人判断で行うと治らないばかりか、髄膜炎や脳炎などに発展し、命に関わることもあります。

咽頭炎・扁桃炎を長引かせて、子どもに辛い思いをさせないためにも、まずは病院に行くことが先決です。

2. 咽頭炎・扁桃炎の食事について

食事が難しい場合

咽頭炎・扁桃炎になると、のどに強い痛みが出ます。

赤ちゃんの場合、のどの痛みから、思うように食べてもらえません。

咽頭炎・扁桃炎を引き起こす病気は、発熱を伴う場合がほとんどです。

脱水症状を引き起こさないためにも、水分だけはこまめに補給しましょう。

脱水症状が起こってしまったら

水分も取ることができず、赤ちゃんの様子がおかしいと思ったら、すぐに病院に行きましょう。

水分を口から入れるのではなく、点滴により水分を補給します。

食事はどのようなものがいいの?

のどの痛みから、口を開けるのも、飲み込むのも強い痛みが出ます。

ある程度痛みが落ち着いたら、食事は噛まずに食べられるものをおすすめします。

ヨーグルトやプリン、ゼリーなどがあります。

ほかには、うどんやおかゆ、卵スープなどもおすすめです。

辛いもの、酸味が強いものは、のどを痛めますので避けましょう。

3. 咽頭炎・扁桃炎のケアについて

まずはしっかりと休む

病気の症状が落ち着くまで、自宅でゆっくり休ませましょう。

薬を飲ませる

病院の先生の指示があるまで、薬を飲ませることがたいせつです。

勝手にやめてしまうと、完治が長引くことになります。

汗をかいたら着替えをさせる

汗をかいたままですと、冷えて風邪を引くことにもなります。

こまめに着替えさせることがたいせつです。

お風呂はいつ入れるの?

熱が出ているときには、お風呂は避けましょう。

ある程度症状が落ち着けば、お風呂に入ることもできます。

ただし、熱いお風呂は避けて、なるべく短時間に済ませましょう。

また、湯冷めしないように、すぐに着替えさせましょう。

二次感染を防止する

咽頭炎・扁桃炎を発症する病気は、感染力が強いのが特徴です。

免疫力の弱い小さな子どもがいる場合、二次感染するおそれがあります。

病気になっている子どもとの接触は、避けるようにしましょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬