咽頭炎・扁桃炎の症状とは?症状・対応・感染期間について

1. 咽頭炎・扁桃炎で腫れる場所はどこなの?

炎症を起こす場所は、2つとも口の中になります。

咽頭の場所は、のどちんこの奥から、下に向かう食道にかけてとなります。

扁桃の場所は、のどちんこの横にある、いわゆる扁桃腺の部分です。

2. 咽頭炎・扁桃炎を引き起こす原因は?

赤ちゃんや子どもの場合、多くは急性咽頭炎や急性扁桃炎です。

急性の原因となるのは、風邪などのウイルスや細菌感染による、のど周辺の炎症です。

一方、ストレスや疲れ、タバコやハウスダスト、その他アレルギーで咽頭炎・扁桃炎が起こることもあります。

こちらは、大人がなりやすく長期化するため、慢性咽頭炎や慢性扁桃炎と呼ばれます。

3. 咽頭炎・扁桃炎の症状は?

咽頭炎・扁桃炎を引き起こす、ウイルスや細菌により、症状の強さも異なります。

おもな症状としては、下記があります。

のど周辺の炎症

のど周辺の腫れを引き起こし、炎症が出ます。

口内炎

手足口病の場合、のど周辺を含め、口の中や舌にブツブツができます。

痛みが出る

のど周辺に炎症が起こるため、食べ物や飲み物を飲み込むときに、痛みが出ます。

赤ちゃんの場合、痛がって食べ物や飲み物を口にできなくなります。

発熱

のどの炎症が起きると、熱を伴います。

また、感染したウイルスや細菌による高熱も出ます。

38〜40度と非常に高くなることもあるため、赤ちゃんは脱水症状に注意が必要です。

4. なぜ咽頭炎・扁桃炎が起きるの?

理由としては、免疫機能の反応です。

赤ちゃんや子どもの場合、大人と比べて免疫機能が十分に備わっていません。

そこで、体全体の免疫機能が形成されるまでの間、扁桃腺が免疫機能の代行をします。

扁桃腺が腫れることで、のどの通り道を狭くして、ウイルスや細菌の侵入を防ぐ役割があります。

腫れて痛みが出るのは、とても辛いですが、免疫機能が正常に働いている証拠でもあります。

5. 咽頭炎・扁桃炎への感染期間

咽頭炎・扁桃炎を引き起こす、ウイルスや細菌により異なります。

おもなウイルスや細菌の種類は?

代表的なものとしては、下記があります。

  • インフルエンザ
  • ヘルパンギーナ
  • アデノウイルス
  • 単純ヘルペスウイルス
  • エンテロウイルス
  • 溶連菌

感染期間はどのくらいなの?

ウイルスや細菌に感染すると、発熱を伴う症状が数日間出ます。

感染とあわせて、咽頭炎・扁桃炎も発症し、痛みを伴います。

痛みのピークは発熱がある数日ですが、その後もしばらく炎症や痛みが続きます。

体内からウイルスや細菌が出るまで、咽頭炎・扁桃炎が落ち着くまで、発症から1〜2週間は見ておきましょう。

6. 咽頭炎・扁桃炎の対応はどうすればいいの?

咽頭炎・扁桃炎を引き起こす、ウイルスや細菌により対応方法が異なります。

また、多くは感染力が非常に強く、放置すると合併症などを引き起こします。

咽頭炎・扁桃炎の原因を突き止めるため、まずは病院で診てもらい適切な対応をしてもらいましょう。

処方される薬はどのようなものなの?

抗ウイルス薬や抗生剤、解熱剤や炎症を抑える薬、痰を切る薬や咳止めなどが処方されます。

市販薬では効果のないウイルスや細菌もいます。

また、販売されていない薬もあるため、赤ちゃんの症状を悪化させないためにも、病院に行きましょう。

自宅での治療方法は?

まずは、薬を飲ませてゆっくり休ませましょう。

発熱を伴い、また食欲もなくなるため、脱水症状にならないよう、水分だけはこまめに補給しましょう。

食事は、食べられるようになってからで問題ありません。

のどの痛みはしばらく続くため、ヨーグルトやプリン、おかゆなど、噛まずに食べられるものがおすすめです。

二次感染を防ぐため、登園や登校はしばらくの間、禁止にしましょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬