スチリペントール(ディアコミット)の効果と子どもに使う時の注意点

1. スチリペントール(ディアコミット)とは?

スチリペントールは、てんかん発作を予防する、抗てんかん薬の一つです。

小児てんかんの中でも、乳児重症ミオクロニーてんかんなどを含むドラベ症候群に対して、予防効果が高い薬です。

スチリペントールのみでの内服ではなく、バルプロ酸ナトリウム(デパケン)とクロバザム(マイスタン)と一緒に飲むことで、発作をおさえる効果が高まります。

2. スチリペントールが配合されている薬

スチリペントールとは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

カプセル

  • ディアコミットカプセル

ドライシロップ

  • ディアコミットドライシロップ分包

3. 子どもに対する安全性

1才以上の子どもに対する安全性が確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用は、ほとんどありません。

副作用として多い症状は眠気、食欲不振、ふらつきがありますが、これらの症状は一緒に飲んでいる抗てんかん薬による副作用の場合があります。

スチリペントールは、ほかの薬の副作用を強くしてしまうことがあります。

ごくまれには肝機能・腎機能障害、不整脈が出ることがあります。

症状としては、発熱、鼻血、皮下出血、尿が少ない、肌や白目が黄色くなる、などです。

重症化しないためには、定期的な検査を受けることが大切です。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

スチリペントールには、ほかの薬の効果をじゃまする作用があります。

他にも飲んでいる薬がある場合は、忘れずに医者へ報告しましょう。

紅茶、日本茶、チョコレート、コーラなどカフェインを含むものを食べるときは、一度にたくさん食べないようにします。

スチリペントールには、血中に取り込まれたカフェインを増やす働きがあります。

子どもにとって、血中のカフェインが増えてしまうのは、あまり好ましいものではありません。

内服をしている間は、特に注意をしてください。

用法

飲み始めは、少しの量から開始します。

効果や副作用を確認しながら、医者の判断で量を増やします。

症状や体重、年齢によって服用回数や量が異なります。

適量が決まったら、回数や量を必ず守りましょう。

用量

1日で投与できる量は、体重1kgにつき50mgです。

体重10kgの赤ちゃんであれば、500mgです。

1日2~3回に分けて、内服します。