デジタル排卵検査薬とは?通常の排卵検査薬との違いは?どちらがいい?

1. デジタル式排卵検査薬とは?

デジタル式排卵検査薬とは、検査結果がデジタルで分かるタイプの排卵検査薬です。

デジタル式排卵検査薬の使い方は?

デジタル式排卵検査薬は、検査キットの検知部分に尿をかけて(清潔なカップに入れた尿にひたして)検査します。

ここまでは通常の排卵検査薬と一緒です。

専用のカートリッジにセットする

デジタル式排卵検査薬は、検査キットと専用のカートリッジが入っています。

検査キットの検知部分に尿をかけた後、カートリッジに検査キットをセットして検査結果を待ちます。

陽性の場合はどうなる?

陽性の場合、3分後にカートリッジの画面にマークが表示されます。

「〇」のマークの中に、ニコちゃんマークが表示されます。

陰性の場合はどうなる?

陰性の場合、3分後にカートリッジの画面に「〇」のマークのみ表示されます。

カートリッジは使い回しができる

マークが表示されるカートリッジは、その箱に入っている排卵検査薬に限り使い回しができます。

5本入りなら5回、10本入りなら10回使えます。

デジタル式排卵検査薬の種類は?

デジタル式排卵検査薬は、「チェックワンLHデジタル」という商品のみです。

処方せんを扱っているドラッグストアで手に入りますが、扱っていない薬局もあります。

ちなみに、排卵検査薬は医療用医薬品なので、ネットで手に入れることができません。

デジタル式排卵検査薬の価格は?

チェックワンLHデジタルは、5本入りと10本入りがあります。

5本入りは2940円、10本入りは3990円です。

2. 通常の排卵検査薬との違いは?

デジタル式排卵検査薬は、通常の排卵検査薬とどの部分が違うのでしょうか?

結果が分かりやすい

デジタル式排卵検査薬は、陽性だとニコちゃんマークがあらわれるため、検査結果が非常に分かりやすいです。

通常の排卵検査薬と同様、「コントロールライン」と「テスト結果ライン」の2本の線があらわれます。

カートリッジは取り外しが可能なので、どれくらいの濃さだと陽性になるのかが分かります。

価格が高い

デジタル式排卵検査薬は、通常の排卵検査薬に比べると少し高めです。

約500円ほど高く設定されています。

3. デジタル式と普通の排卵検査薬はどちらがいい?

デジタル式排卵検査薬の感度は、40IU/lとやや低めです。

排卵検査薬は、排卵日前に分泌されるホルモン「黄体形成ホルモン」を感知することで、排卵日を予測するしくみになっています。

黄体形成ホルモンの分泌量が個人差があり、もともと分泌量が少ない人もいます。

黄体形成ホルモンの分泌量が少ない場合、デジタル式排卵検査薬では反応しないことがあります。

通常の排卵検査薬で、感度の高いタイプを使用するとよいでしょう。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

不妊治療専門の病院を
探す・口コミを見る