ラモトリギン(ラミクタール)の効果と子どもに使う時の注意点

1. ラモトリギン(ラミクタール)とは?

ラモトリギンは、てんかん発作を予防する、抗てんかん薬の一つです。

薬の効果があるのは、部分発作・全般発作のうちの強直間代発作(大発作)、子どもの欠神発作、レノックス・ガストー症候群の全般発作などです。

ラモトギリンのみで内服することもありますが、ほかの抗てんかん薬とあわせて飲むと、より効果が高まります。

ほかにも躁うつ病の、気分の浮き沈みをおさえるために処方される薬です。

2. ラモトリギンが配合されている薬

ラモトリギンというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

錠剤

  • ラミクタール錠
  • ラミクタール錠小児用

3. 子どもに対する安全性

子どもに対する安全性が確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用は、ほとんどありません。

まれに重い皮膚病になることがあります。

発疹や発赤、のどの痛み、唇や口の中のただれ、目の充血など、皮膚や粘膜に異常が出た場合は、すぐに病院を受診します。

飲み始めの症状として多いのは、眠気、めまい、頭痛、吐き気、物が二重にぼやけて見える、不眠などです。

症状が強いときは、薬の量を調整する必要がありますので、早めに医者を受診してください。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

飲み始めの二カ月間と、子どもが内服するときは重い症状が出ないか、注意が必要です。

抗てんかん薬は、長い期間飲み続けることで、発作をおさえる効果があります。

発作が起こらないからといって、勝手に飲む量を減らしたり、やめたりすると重い発作を起こすことがあります。

用法

ラモトリギンは、口の中に入れると、自然と崩れる特別な錠剤です。

水なしでも、かみ砕いて飲むことができます。

小さな子どもが飲むときは、少しの水に溶かして飲ませると、飲みやすくなります。

用量

1日あたりの投与できる量は、体重1kgにつき1~10mgです。

体重10kgの子どもであれば、10~100mgです。