妊娠超初期ならまだお酒を飲んでもいいの?赤ちゃんへの影響は?

1. 妊娠超初期とは

妊娠超初期は、妊娠0週0日(最終月経開始日)から4週までの時期を指します。

受精卵が着床するのは、排卵日の約1週間後(妊娠3週ごろ)です。

そして、多くの場合は生理予定日の1週間後(妊娠5週ごろ)以降に妊娠が判明します。

妊娠超初期はまだ妊娠を確定できませんが、体内ではめまぐるしい変化が起こっています。

妊娠超初期症状が起こる人も

妊娠超初期の段階では、産婦人科でも妊娠を確認することはできません。

しかし、ホルモンバランスの変化によりさまざまな心身の変化を感じることがあります。

妊娠超初期に起こるおもな症状は、以下のとおりです。

  • 下腹部およびその周辺の痛み
  • おりものの変化
  • 着床出血
  • 吐き気・胸焼け
  • 胸の張り
  • 眠気・集中力低下
  • 精神的不調(ささいなことで悲しくなったり、イライラしたりする)

2. 妊娠超初期の飲酒による胎児への影響は?

現代女性が日常的にお酒を飲んだり、飲み会に参加したりすることは珍しくありません。

そのため、妊娠に気付いてから「この前飲んじゃったけど大丈夫?」と不安になることも多いでしょう。

妊娠超初期の飲酒は、それほど胎児に影響しない

基本的に、妊娠超初期の飲酒が胎児に影響することはほとんどないとされています。

妊娠超初期はまだ胎盤がなく、母体から直接胎児に栄養が送られることがないためです。

妊娠に気付いた時点で、飲酒を控えましょう。

こんな場合は要注意!

高齢出産

年齢が高くなると、アルコールを代謝する能力が低くなっていきます。

そのため、若い頃と同じ感覚で飲んでいるとアルコールが長時間体内に留まってしまいます。

高齢出産には他にもさまざまなリスクがあるので、不安要素はできるだけ取り除いておきたいですね。

毎日大量に飲酒する

お酒・飲み会が大好きな人やアルコール依存症の人も、特に注意が必要です。

酔っ払った状態でいる時間が長いと、妊娠にも気付きにくくなります。

妊娠に気付かないまま飲酒を続けていると、胎児性アルコール症候群のリスクが上がります。

また、妊娠したのにお酒がやめられない場合も同様です。

3. 妊娠超初期・妊娠中の飲酒の許容量

1日当たりワイングラス8杯分以上飲酒すると、胎児性アルコール症候群の発症リスクが30~50%に上がります。

ビールの場合は、350mlをワイングラス1杯分に置き換えて計算します。

毎日飲まなければ大丈夫?

どうしても飲酒したくなったときは、少し味を楽しむくらいにとどめておきましょう。

たまにしか飲まない人でも、一度に大量に飲むと悪影響が出やすいので注意しましょう。

飲酒の許容量は、体質・体調によって変わる

アルコール代謝能力は、体格・体質・健康状態・その日の体調によって変わります。

特に女性はもともとアルコール代謝能力が低く、男性の約1/2と言われています。

また、妊娠中はささいなきっかけで体調が悪くなることが多いです。

お酒に弱い人はもちろん、強い人も極力飲酒量を減らしましょう。

4. 胎児性アルコール症候群とは

妊娠中に大量にアルコールを摂取すると、胎児の体にもアルコールが送られてしまいます。

胎児は肝臓が未熟なのでアルコールを分解できず、体内にアルコールが長時間とどまります。

アルコールの影響で発育がさまたげられるのが、胎児性アルコール症候群です。

胎児性アルコール症候群のおもな症状

胎児性アルコール症候群は神経発達症の一種なので、おもに知能・容姿に影響が現れます。

  • 脳性小児まひ
  • てんかん
  • 低体重・低身長
  • 発達障害(ADHDなど)
  • 小頭症
  • 容姿への影響(鼻・耳が小さい、顔全体が平たいなど)

胎児性アルコール症候群の予防法

胎児性アルコール症候群の最大の予防法は、お酒を飲まないことです。

5. 妊活を始めた時点で極力飲酒は控える

妊活を始めた時点で、できるだけ飲酒を控えるのが賢明です。

また、お酒が好きな人にとって「妊娠したから今日から禁酒」というのは酷なものです。

妊娠してからいきなり禁酒するより、少しずつお酒を減らすほうがストレスが少なくなります。

妊娠超初期にお酒がまずくなる?

妊娠超初期症状のひとつとして、急に味覚・嗜好が変わることが挙げられます。

大好きなお酒なのにまずいと感じた、あるいは飲みたくなくなったことで妊娠に気付くことがあります。

なお、逆のパターン(お酒が苦手な人が急に飲みたくなる)はないようです。

飲み会に行くなら、受動喫煙にも注意

仕事をしていると、つきあいで飲み会に参加することもありますね。

そのとき注意すべきなのは、お酒だけではありません。

同席している人が喫煙者なら、受動喫煙にも注意しましょう。

妊娠中の受動喫煙による害

妊娠中に長時間副流煙の多い環境にさらされると、奇形などのリスクが上がります。

飲み会1回分程度の時間ならさほど心配いりませんが、臭いによる体調悪化に注意しましょう。

6. 男性の飲酒は胎児に影響する?

基本的に、飲酒が原因で精子の数が減ることはないとされています。

ただし、普段から大量に飲酒していると勃起能力低下・奇形精子増加のリスクが上がります。

女性ほどシビアにならなくても良いですが、妊活を始めた時点で男性も酒量に注意しましょう。

女性任せではなく夫婦一緒に酒量を控えることで、より一体感が生まれるでしょう。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る