アセタゾラミド(ダイアモックス)の効果と子どもに使う時の注意点

1. アセタゾラミド(ダイアモックス)とは?

アセタゾラミドは、てんかん発作をおさえる、抗てんかん薬の一つです。

神経組織に働きかけ、脳の異常な興奮をしずめる効果があります。

他の抗てんかん薬を使用しても、効果が十分に得られないときに、追加で処方されることが多い薬です。

アスタゾラミドは、主に緑内障、睡眠時無呼吸などの治療に使用されます。

他には体の余分な水分を、体の外に出す効果があります。

2. アセタゾラミドが配合されている薬

アセタゾラミドというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

錠剤

  • ダイアモックス錠

細剤

  • ダイアモックス末

3. 子どもに対する安全性

子どもに対する安全性は確立されています。

ただ、妊婦には投与しないほうが望ましいとされている薬なので、乳幼児に投与する場合は特にお医者さんの指示をしっかり聞きましょう。

4. 副作用はあるの?

重い副作用は、ほとんどありません。

初期症状として多いのは、だるさ、めまい、吐き気、食欲不振、手足のしびれ、手足の冷え、低血圧、皮下出血、しびれなどです。

軽い症状のときは様子をみますが、症状が重いときは、早めに病院を受診しましょう。

ごくまれに、発疹や発熱があると、重い皮膚症状に変わることがあるので、注意が必要です。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

アセタゾラミドは、水分や塩分を、体の外に出す利尿作用がある薬です。

そのため、夜は服用をしません。

朝と昼の、1日2回で内服します。

抗てんかん薬は、長い期間継続して飲むことで、発作を抑えます。

発作が起こらないからといって、勝手な判断で薬を減らしたり、やめたりすることはやめましょう。

内服を続けると、カリウムが不足することがありますので、定期的な血液検査が必要です。

野菜や果物をしっかり食べるようにすると、カリウムを補うことができます。

用法・用量

子どもに対しては、医者の処方した、薬の量と回数を必ずを守ってください。

年齢、症状に応じて薬の量を調整します。