エトスクシミド(ザロンチン)の効果と子どもに使う時の注意

1. エトスクシミド(ザロンチン)とは?

エトスクシミドは、てんかんを予防する、抗てんかん薬の一つです。

欠神発作(小発作)やミオクロニー発作(体や手足がぴくつく発作)の予防薬として、選択されることが多い薬です。

強直間代発作と部分発作には、効果は出ません。

2. エトスクシミドが配合されている薬

エトスクシミドというのは、一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

細剤

  • エピレオプチマル散

シロップ

  • ザロンチンシロップ

3. 子どもに対する安全性

子どもに対する安全性が、確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用は、ほとんどありません。

服用したときに多く出る副作用は、頭痛、だるさ、めまい、食欲不振、下痢、疲労感です。

まれに幻聴症状、妄想、もうろう状態、光線過敏症が現れることがあります。

発熱や発疹がある時は、水ぶくれやうみなどの重い皮膚症状や、唇や口の中のただれなど、粘膜障害を引き起こすことがあります。

すぐに病院へ連絡をして、医者の診察を受けてください。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意

抗てんかん薬は、でんかんの原因そのものを治す薬ではありません。

長い期間飲み続けることで、発作を予防する薬です。

発作がないからといって、勝手に薬をやめたり、量を減らしたりはしないでください。

やめた反動で、重いけいれん発作を起こすことがあります。

特に小さい子どもは、昼寝などで、内服する時間を忘れないように気をつけてください。

発作が長い間ない場合は、医者の指示のもと、時間をかけて薬を減らすことができます。

用法

薬を始めるときは、少しの量から始めます。

副作用や効果を確認しながら、医者の指導のもと、少しずつ内服量を増やします。

適量が決まったら、薬の量や回数は、医者の処方通りに内服します。

用量

1日量はエトスクシミドとして、150~600mgを、1~3回に分けて服用します。

内服量は、年齢、症状によって異なります。