クロナゼパム(リボリトール)の効果と子どもに使う時の注意点

1. クロナゼパム(リボリトール)とは?

クロナゼパムは、てんかん発作の治療に使われる、抗てんかん薬の一つです。

クロナゼパムは、幼児に発症が多い店頭てんかんなど、いろいろな種類のてんかん発作に対して、治療効果が出やすい薬です。

特に難治性てんかんに対して、最も多く選択される薬です。

他の抗てんかん薬では効果が出ないときに、クロナゼパムを併用したり、切り替えたりすることがあります。

2. クロナゼパムが配合されている薬

クロナゼパムというのは、一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

錠剤

  • リボトリール錠
  • ランドセン錠

細剤

  • リボトリール細粒
  • ランドセン細粒

3. 子どもに対する安全性

子どもに対する安全性が、確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用は、ほとんどありません。

飲み始めの副作用として多いのは、眠気、脱力感、ふらつきなどです。

飲み続けているうちに、症状は軽くなります。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

飲み始めは、少量から始めます。

医者の指示のもと、少しずつ量を増やし、適量を決めます。

適量が決まったら、処方された通りの量と回数を守ります。

安全性が高い薬ですが、勝手な判断で薬の量を増やしてしまうと、体が薬に慣れた状態になります。

体が薬に慣れてしまうと、薬がやめにくくなる、依存した状態になるので、注意が必要です。

用法

抗てんかん薬は、長い期間続けて飲むことで、発作をおさえます。

発作がないからといって、勝手な判断で薬を減らしたり、やめないでください。

やめた反動で、重い発作を起こすことがあります。

薬をやめたい場合は、医者の指導のもと、量を少しずつ減らしていきます。

用量

クロナゼパム開始時の1日量は、体重1kgあたり0.025mgを1~3回に分けて服用する。

体重10kgの赤ちゃんであれば、0.25mgです。

症状に応じて、もしくは適量が決まるまで、医者の判断で薬の量を調節します。