停留精巣の手術はいつ頃の年齢がベスト?どんな手術をするの?

1. 停留精巣とは

別名では停留睾丸と呼びます。

精巣のある睾丸が、外側の袋状の陰嚢に入らない、先天性の症状になります。

多くの赤ちゃんは、生後6ヶ月ごろになると、自然に睾丸が陰嚢に降りてきます。

陰嚢に睾丸がなくても、生後6ヶ月前後は経過観察して、様子を見る場合がほとんどです。

生後6ヶ月を過ぎても睾丸が降りない場合、生後6ヶ月から2歳の間に睾丸を陰嚢に降ろす手術をします。

2. 停留精巣の基礎知識

出生後に睾丸が陰嚢にない確率は?

3〜5%の確率で起こります。

睾丸が陰嚢に両方入っていない、片側だけ入っていないというケースもあります。

未熟児や早産の場合、50%の確率で停留精巣が起こります。

痛みを感じることはなく、親が触る、見るなどしてわかります。

停留精巣が自然に治ることはあるの?

停留精巣になっても、生後6ヶ月で多くの赤ちゃんは自然に治ります。

1歳の時点で、約1%の確率で停留精巣のままとなります。

比較的自然に治りやすい症状といえます。

睾丸は最初から陰嚢にはない

出産間際になるまで、睾丸は陰嚢にありません。

出産間際になると、腹膜鞘状突起(ふくまくしょうじょうとっき)と呼ばれる通り道を通り、陰嚢に睾丸が降りて来ます。

睾丸が陰嚢に入ると、陰嚢上部が自然に閉じられ、腸などの臓器が入らないようになります。

睾丸が移動することもある

寒い場合や泣いているときなどは、睾丸が上に移動してしまうこともあります。

逆に温かいときや落ち着いているときは、陰嚢に睾丸があることもあります。

移動性精巣の場合、足のつけ根の鼠径部に移動することがあります。

3. 停留精巣を放置するとどうなるの?

おもに以下のような症状があらわれます。

不妊の確率が高まる

睾丸が外側の陰嚢に出ているのは、ちゃんとした理由があります。

精巣のある睾丸を外側に出して冷やすことで、精子の形成が可能になります。

逆に睾丸が体内に入ったままだと、精子をうまく作ることができません。

そのため将来、不妊の確率が50%と高まります。

鼠径ヘルニア

脱腸とも呼ばれます。

腸の一部が、陰嚢の袋状の部分などに落ち込んでしまいます。

腸の血行不良などを引き起こし、命にも関わることもあります。

陰嚢水腫

睾丸が入る陰嚢部分に、水がたまってしまう症状です。

4. 停留精巣の検査

経過観察を行うか、手術をするかを判断するため、検査を行います。

検査を行える場所は?

泌尿器科で検査することができます。

検査の方法は?

触診で実際に睾丸が陰嚢にあるか確認します。

また、睾丸の位置を確認するため、MRI検査や超音波検査を行います。

5. 停留精巣の手術

手術の方法について

精巣固定術による手術を行います。

下腹部を切開し、精巣のある部分を見つけ出します。

陰嚢まで引っ張り、糸で固定します。

所要時間は1時間程度です。

入院する日数

2〜3泊入院することとなります。

お腹の部分を手術するため、手術後は腹痛や吐き気を催すことがあります。

しかし、翌日または2日後には、腹痛や吐き気は治まります。

手術後の対応について

日常生活に支障はなく、退院後にお風呂やシャワーに入れます。

ただし、手術後のしばらくの間は、三輪車など股に負荷をかけるのは避けましょう。

また、激しい運動やプールなども避けましょう。

手術後は経過観察するため、先生の指示の元、定期的に診察を受けましょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る