子どもがぜんそく様気管支炎のときにお風呂に入れていい?

1. 子どものぜんそく様気管支炎とは?

ぜんそく様気管支炎は、「ぜんそくのような気管支炎」という意味で、ぜんそくとは別物の病気です。

小さい子どもがかかりやすい病気の一つで、風邪を引いたことがきっかけで発症するケースがほとんどです。

発熱や咳、鼻水などの風邪に似た症状と、呼吸の時に聞こえるゼイゼイヒューヒューという音(喘鳴)が特徴です。

2. ぜんそく様気管支炎のときのお風呂は?

子どもが病気のとき、お風呂に入れていいか迷う親御さんが多いようです。

特に風邪やぜんそく様気管支炎のときは、自己判断が難しいといえます。

以下のポイントを参考に、子どもの体調に無理のない判断を行いましょう。

入浴可能かどうかのポイント

1. 熱の有無

熱があるときは、入浴は控えます。

熱が出ていると汗をかくので、お風呂できれいにしてあげたくなりますが、入浴は意外と体力を消費するので注意が必要です。

どうしてもお風呂に入りたいときは、蒸しタオルで全身を拭くとさっぱりします。

2. 咳やたんの有無

咳がひどいときは、入浴を控えた方が良いでしょう。

特に、発作的に咳が出る、一度出るとなかなか治まらないといったときは、浴室と居室の温度差が刺激となって咳が出やすくなります。

お風呂の湯気が咳を引き起こすこともあるので、なるべく入浴は控えましょう。

たんが絡むときは、お風呂の湿気でたんが切れやすくなったり、喉が楽になることもあります。

ただし、長湯はせず湯冷めしないよう気をつけましょう。

3. 全身状態をチェック

ある程度風邪症状が治まり、熱が下がって子ども自身が元気であれば、入浴しても構いません。

体力が低下しているときや、咳で夜眠れない状態にあった子は、もうしばらく様子を見ると良いでしょう。

睡眠不足や体力低下中に無理に入浴すると、症状がぶり返したり悪化したりする可能性があります。

ぜんそく専門の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬