ゾニサミド(エクセグラン)の効果と子どもに使う時の注意点

1. ゾニサミド(エクセグラン)とは?

ゾニサミドは、てんかんのけいれん発作を抑える、抗てんかん薬です。

全般発作、部分発作を問わず、さまざまなてんかんに有効なため、処方されることが多い薬です。

特に部分発作に対して、効果があります。

2. ゾニサミドが配合されている薬

ゼニサミドというのは、一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

錠剤

  • エクセグラン錠
  • ゾニサミド錠

細剤

  • エクセグラン散
  • ゾニサミド散

3. 子どもに対する安全性

子どもに対する安全性が、確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はありません。

内服を始めた初期症状として吐き気、食欲がない、眠気、無気力、だるい、自発性低下、怒りっぽくなる、判断力低下、物が二重に見えるなどがあります。

ごくまれに急性腎不全や間質性肺炎、尿路結石など重い症状が出ることがあります。

抗てんかん薬は、長い期間飲み続ける薬なので、副作用や薬の効き目を調べるために、病院で定期的に検査を受けることが必要となります。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

薬を飲む量や回数は、医者が処方した通りに内服します。

抗てんかん薬は長い期間、薬を飲むことで、発作を抑える効果があります。

てんかん発作が起こらないからといって、勝手な判断で、薬をやめたり、量を減らしたりしないでください。

やめた反動で、重いけいれん発作を起こすことがあります。

特に子どもの場合は、昼寝が長引くなどで、飲み忘れることがないように気をつけてください。

用法・用量

小児に対しては最初、1日量2~4mg/kgを1~3回に分割で投与します。

副作用や効き目の様子を確認しながら1~2週ごとに増量します。

通常1日量4~8mg/kgを1~3回に分割して投与する。

ただし、1日量の最大は12mg/kgまでです。

体重10kgの赤ちゃんであれば、開始時は20~40mgとなり、最大量は120mgです。

薬の量は、医者の判断のもとで増やします。