カルバマゼピン(テグレトール)の効果と子どもに使う時の注意点

1. カルバマゼピン(テグレトール)とは?

カルバマゼピンは、てんかんの治療に使われる、抗てんかん薬の一つです。

小児てんかんで、症状に精神運動発作がある場合や、部分発作の第1選択薬として、多く処方されている薬です。

2. カルバマゼピンが配合されている薬

カルバマゼピンとは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

錠剤

  • テグレトール錠

細剤

  • テグレトール細粒

3. 子どもに対する安全性

子どもに対する安全性が確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はありません。

初期症状として頭痛、眠気、めまい、だるさ、口の渇き、吐き気、食欲不振、けいれん、むくみ、しびれ、息切れなどが出ることがあります。

発疹ができることがありますが、まれに重い皮膚障害や全身性の激しい過敏症状になることがあります。

症状が強いときは、内服量が多い可能性がありますので、早めに病院を受診して、薬の量を調整してもらうことが大切となります。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

てんかんの薬は長い期間での内服となります。

定期的に検査を受けることで、薬の効き具合や重大な副作用が起こっていないかを調べることが必要となります。

長期間、発作が起こらなければ、薬の量を減らすことができます。

医者の管理のもとで、時間をかけてゆっくりと減らしてしていきます。

用法

薬は医者の指示のもと、少量から開始します。

効果や副作用を医者がチェックしながら、少しずつ増量していきます。

適量が決まったら、処方量を守り、規則正しく飲むことが大切です。

てんかんの薬は、長期的に飲み続けることで発作を抑えることができます。

発作が起こらないからといって、薬をやめたり、勝手に減らしたりすると、やめた反動で重い発作を起こしてしまうことがあります。

用量

1日あたり100~600mgを分割して、服用します。

年齢や体重により1日量は異なるので、医者の処方した量を守ることが大切です。