フェニトイン(アレビアチン)の効果と子どもに使う時の注意点

1. フェニトイン(アレビアチン)とは?

フェニトインとは、抗けいれん薬の一つです。

てんかんなど、けいれんをおこす病気の治療に使用されます。

精神運動発作、自律神経発作を含む部分発作(焦点発作)がある時の、第2選択薬として処方されます。

全般発作の強直間代発作(大発作)にも効果が高いです。

2. フェニトインが配合されている薬

フェニトインというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

錠剤

  • アレビアチン錠
  • ヒダントール錠

細剤

  • アレビアチン散
  • ヒダントール散

3. 子どもに対する安全性

子どもに対する安全性が確率されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用は、ほとんどありません。

初期症状として最も多いのは、吐き気です。

他には皮膚の熱感や痛み・かゆみ、唇や口の中のただれ、のどの痛み、発熱、全身けん怠感などがあります。

薬の量が多いと、ふらつき、ろれつがまわらない、物が二重に見えるといった症状が現れます。

このような症状の場合は早めに医師に連絡をして、薬の量を減らすことが必要となります。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

空腹時に飲むと、吐き気が出るなど、気持ち悪くなりやすいので、内服は食後にします。

フェニトインは、てんかんなどの発作を、治すのではなく予防するのが目的です。

そのため、長期的に飲み続けることが必要となります。

長期的な内服で骨などに異常が出ることがありますので、定期的な検査を病院で受けて下さい。

用法

内服を始めるときは、少量から開始します。

効果や副作用をチェックしながら少しずつ増やし、適量を決めます。

適量が決まったら、指示された量と回数を守ります。

発作がないからといって、医者の指示なく、量や回数を変えることはやめましょう。

薬を飲まなくなった反動で、重い発作を起こすことがあります。

用量

以下は、1日あたりの投与できる量です。

学童は100~300mgです。

幼児は50~200mgです。

乳児は20~100mgです。

毎食後3回に分けて、内服します。

症状などに応じて、薬を増やしたり減らしたりするので、医師の指示に従って飲むことが大切です。