プロラクチンとは?生理・排卵・妊娠・不妊とはどんな関係があるの?

1. プロラクチンとは?

プロラクチンとは、「乳汁分泌ホルモン」とも呼ばれるホルモンです。

プロラクチンの役割は?

排卵を抑制し、母乳の分泌を促す

プロラクチンは、母乳の分泌を促すホルモンです。

赤ちゃんの栄養となる母乳の分泌を助ける役割をもっています。

プロラクチンが分泌されると、排卵を抑制する作用もあります。

排卵がおこなわれないと妊娠できないため、プロラクチンは子育てに専念するために多く分泌されるとも考えられています。

卵巣内の黄体を刺激して、プロゲステロンの分泌を助ける

基礎体温の高温期になると、「プロゲステロン」というホルモンが分泌されます。

プロゲステロンは卵巣から分泌されるホルモンです。

プロゲステロンは子宮内膜を維持し、受精卵が着床しやすい環境をととのえる役割があります。

プロラクチンは、卵巣を刺激し、プロゲステロンの分泌を助ける役割をもっています。

妊娠中に乳腺を発達させる

妊娠が成立すると、プロラクチンの分泌量は徐々に多くなります。

乳腺を発達させることで、産後の母乳分泌をスムーズにするはたらきがあります。

プロラクチンは男性にも分泌される

プロラクチンは女性だけでなく男性にも分泌されています。

男性の前立腺や精嚢腺などの生殖機能の発達を促す役割もあります。

ちなみに、射精後の急激な性欲減退は、プロラクチンのはたらきによるものです。

プロラクチンはいつ分泌される?

プロラクチンは、受精卵が子宮内膜に着床した時点で、徐々に分泌量が多くなっていきます。

分娩時、プロラクチンの分泌量はピークに達します。

産後、赤ちゃんに乳首を吸われることで、プロラクチンの分泌量が増えます。

プロラクチンの分泌のメカニズム

プロラクチンは、脳の視床下部から命令され、脳下垂体から分泌されます。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

2. プロラクチンの値が高いと、不妊の原因になる

妊娠中や産後以外でプロラクチンの値が高いと、様々な症状があらわれることがあります。

女性にとって問題になるのは、プロラクチンの値が高いことによる「高プロラクチン血症」でしょう。

高プロラクチン血症の原因は?

高プロラクチン血症の原因はいくつかあります。

  • プロラクチン産生腫瘍
  • 視床下部障害
  • 薬剤性(向精神薬、抗潰瘍薬、経口避妊薬など)
  • 原発性甲状腺機能低下症
  • その他(ストレスなど)

プロラクチン産生腫瘍

高プロラクチン血症の約3分の1は、プロラクチン産生腫瘍が原因と言われています。

下垂体にプロラクチンをつくり出す腫瘍ができることで、プロラクチンの分泌量が上がっている状態をさします。

この腫瘍は良性なので、命に関わることはありません。

視床下部障害

プロラクチンの分泌は、視床下部から分泌されるドーパミンと呼ばれる物質により抑制されています。

何らかの原因でドーパミンの分泌量が減ってしまうことで、プロラクチンの分泌量が増え、高プロラクチン血症になることがあります。

薬剤性によるもの

向精神薬や抗潰瘍薬、ピル(経口避妊薬)を服用すると、ドーパミンの分泌が抑えられてしまうことがあります。

これにより、プロラクチンの分泌量が増え、高プロラクチン血症になることがあります。

原発性向上機能低下症

プロラクチンは甲状腺刺激ホルモンにより分泌が促進されています。

このホルモンが分泌過剰な状態、すなわち甲状腺機能低下症の場合、高プロラクチン血症になることがあります。

その他の原因(ストレスなど)

脳の視床下部は、ストレスに弱い器官です。

視床下部は人間のホルモン分泌の命令を出す器官なので、視床下部がダメージを受けることで、ホルモン分泌の命令系統が乱れます。

これにより、高プロラクチン血症になることがあります。

高プロラクチン血症の症状は?

先ほども述べたように、プロラクチンが多く分泌されると排卵が抑制されます。

プロラクチンの値が高いと、妊娠する可能性が低くなることがあります。

排卵障害

卵胞が育たなかったり、排卵がおこなわれないなどの排卵障害になることがあります。

着床障害

着床しにくくなる着床障害がおこる可能性があります。

乳汁分泌

妊娠中や産後でない時期に、乳汁が分泌されることがあります。

男性も不妊の原因になることも

男性が高プロラクチン血症の場合、性欲減退やED(勃起不全)になり、不妊の原因になることがあります。

高プロラクチン血症の検査方法は?

高プロラクチン血症の検査方法は、病院で血液検査をすることでホルモン値が分かります。

いつでも検査することができますが、生理開始後すぐに実施する病院もあります。

妊娠していない状態で、プロラクチンの血中濃度が30ng/mlを超えると、高プロラクチン血症と診断されます。

高プロラクチン血症の治療方法は?

高プロラクチン血症の治療は、原因に応じた治療をします。

プロラクチン産生腫瘍が原因の場合

プロラクチン産生腫瘍が原因の場合、腫瘍の大きさに応じて摘出手術をすることがあります。

腫瘍の大きさが1cm以上の場合、手術にて取り除くケースが多いでしょう。

それ以下の大きさの場合、ドーパミンの分泌を調整する薬を服用します。

また、視床下部障害の場合も、同様の薬を服用して治療していきます。

薬剤性によるもの

原因となる薬を徐々に減薬することで治療します。

ただし、減薬については医師の管理のもと慎重におこなうようにします。

原発性甲状腺機能低下症の場合

甲状腺ホルモンの分泌を抑える薬を投与することで治療します。

原因不明の場合(ストレスなど)

原因不明の場合は、プロラクチンを抑える薬「ブロモクリプチン」を服用するなどの治療がおこなわれます。

服用期間は人によって違い、不妊治療に取り組む人では数年間飲み続けることもあります。

ただし、この薬は吐き気や頭痛などの副作用が強くでることがあります。

この場合は、副作用の弱い漢方を服用するなどして対応します。

3. プロラクチンと生理の関係は?

プロラクチンの値が高いと(高プロラクチン血症)、月経周期が乱れたり、排卵障害になることがあります。

具体的にあらわれる症状は以下の通りです。

無月経

月経周期が90日以上と、非常に長い状態です。

無月経の場合、排卵がうまくおこなわれていない可能性があります。

基礎体温は、低温期がずっと続きます。

不規則性月経

月経周期が不規則で、生理予定日がいつになるのか分からない状態です。

基礎体温は、低温期と高温期に分かれず、バラバラになるケースが多いです。

無排卵月経

排卵されていないのに、月経がある状態です。

排卵していないので、子宮内膜がじゅうぶんな厚みになっていません。

無排卵月経の場合、月経の量がとても少ないのが特徴です。

基礎体温は低温期がずっと続き、高温期がありません。

4. プロラクチンと排卵の関係は?

先ほども述べたように、プロラクチンの分泌量が多いと、排卵が非常に困難になります。

高プロラクチン血症だと、なぜ排卵がおこりにくくなる?

プロラクチンは、卵胞の成熟や排卵を促すホルモンである、FSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)、エストロゲンなどの分泌を抑制するはたらきがあります。

産後に生理が中々こないのは、プロラクチンの分泌により、卵胞の成熟がおこなわれないためです。

高プロラクチン血症だと、絶対排卵は起こらない?

プロラクチンは、日によって変動があります。

個人差はありますが、高プロラクチン血症だからといって、必ずしも排卵がおこなわれないということはありません。

5. プロラクチンと妊娠の関係は?

受精卵が子宮内膜に着床すると、プロラクチンは徐々に分泌量が増えていきます。

妊娠するとプロラクチンの分泌が増えるのはなぜ?

妊娠すると、母体は出産に向けて徐々に変化していきます。

プロラクチンの分泌量が増えるのも変化のひとつで、出産後赤ちゃんに母乳を与えられるよう、妊娠初期から準備をしているのです。

プロラクチンは乳腺の発達も促す

プロラクチンが分泌されると、乳腺の発達を促す役割もはたします。

これにより、産後すぐ母乳が分泌されるようになります。

また、妊娠中でも母乳の分泌がみられることがありますが、心配する必要はありません。

産後のプロラクチン

分娩時、プロラクチンの分泌はピークを迎えます。

プロラクチンは、赤ちゃんに吸われると分泌量が増える

出産後、赤ちゃんに乳首を吸われることで、プロラクチンの分泌が増え、母乳の分泌も増えていきます。

赤ちゃんに乳首を吸われることがない場合、プロラクチンの分泌量は減っていき、やがて母乳の分泌も止まります。

プロラクチンは赤ちゃんを守る本能がはたらく!

産後にプロラクチンが分泌されることで、母親は赤ちゃんを守ろうとする本能がはたらきます。

具体的には、以下のような状態になりやすいです。

  • 赤ちゃん以外の人にイライラする
  • 攻撃的になる
  • 気分が不安定になることがある

産後、夫や父母などに対し、無性にイライラしてしまう経験がある人は多いですが、これはプロラクチンのはたらきによるものなのです。

6. プロラクチンと不妊の関係は?

先ほども述べたように、不妊の原因のひとつに、「高プロラクチン血症」というものがあります。

プロラクチンの値が高すぎる場合、排卵障害や着床障害などが起こりやすくなります。

高プロラクチン血症だと、絶対妊娠できない?

プロラクチンはその日によって変動します。

また、時間帯によっても変動があります。

主に、就寝中に多く分泌されることが多いです。

高プロラクチン血症と診断された場合、絶対に妊娠できないということはありません。

しかし、プロラクチンの値が正常な人に比べると、妊娠する確率は落ちます。

原因に合わせた治療を受けることが大切です。

数値を気にし過ぎない

高プロラクチン血症は、不妊治療の過程で発見されるケースが多いものです。

ついつい数値を気にしてしまいがちですが、数値にとらわれないことも大切です。

特に、ストレスは高プロラクチン血症の原因になることもあります。

プロラクチンは脳の視床下部から命令され、脳下垂体から分泌されています。

視床下部はストレスに弱い器官なので、ダメージを受けるとホルモンバランスが崩れる原因になることもあります。

上手にストレスを解消しながら、医師の指示に従って治療をすすめていきましょう。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る